【News】次世代フル板情報サービス『BRiSK for SMBC日興証券』が新機能搭載でますます便利にリニューアル

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
SMBC日興証券は、アルゲンタム・コードが提供する次世代フル板情報サービス「BRiSK for SMBC日興証券」※1をオンライントレード(日興イージートレード)に2019年4月1日(月)より導入したが、6月14日(金)に、早くも新機能を搭載してますます便利に生まれ変わった。

『BRiSK for SMBC日興証券』は一定の条件を満たした方なら、パソコンやスマートフォンで日興イージートレードから無料で利用できる。

【ポイント】

  1. 注目の銘柄を自動ピックアップ!『スマート銘柄リスト』
  2. 待望の『自動板中心値』機能を搭載
  3. 初めての方も安心の『1分間チュートリアル』
  4. 『場況』配信対象の拡充

*BRiSK for SMBC日興証券について詳細はこちら:

【搭載された機能】
​1.注目の銘柄を自動ピックアップ!『スマート銘柄リスト』
あらかじめ用意されている銘柄リストのラインアップを大幅拡充。「場中急騰銘柄」や「出来高急増銘柄」、各種ランキングなどの値動きに関するリストのほか、業種、IPOなどのイベントをテーマとしたリストなどが新たに追加された。
計80種類以上の『スマート銘柄リスト』を活用すれば、大きく動いた銘柄や取引の活況な銘柄など、注目の銘柄のリアルタイム情報を先回りして簡単に一覧表示できる。
また、過去に閲覧した銘柄の履歴もリスト化されるので、従来のようにご自分で銘柄登録する手間をかけなくてもかなりの銘柄がワンクリックでチェックできる。

2.待望の『自動板中心値』機能を搭載

板の中心値段が画面に表示される上下の本数を超えて動いた場合に、自動的に画面中央に来るように表示し直す機能が追加された。
寄付き直後の急騰/急落銘柄など値動きの激しい銘柄を表示していると、みるみる値段が上昇/下落して画面の表示領域から外れて行ってしまい、取引したいのに値段を追うだけで忙しい、といった悩みから解放される。

3.​初めての方も安心の『1分間チュートリアル』

誰でも直感的に使えるユーザーインターフェースで設計されている『BRiSK for SMBC日興証券』だが、最初だけは使い方に戸惑う場面もあるかもしれない。
そんな方のために、チュートリアル機能が追加された。初回起動時に吹き出しが表示され、基本的な機能と操作方法を順番に体験いただきながら約1分間で紹介する。

4.『場況』配信対象の拡充
マーケットの主要な取引動向をピックアップして通知する『場況』の配信対象に、新たにストップ高安(約定)が拡充される。

当社は、「いっしょに、明日のこと。」をブランドスローガンに、今後も引き続きお客様を中心に考え、より高い価値を提供し、信頼と安心をお届けしてまいります。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る