【News】フォビジャパンが安心して日本で取引ができる暗号資産取引所Huobiを提供

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
フォビジャパンは、Huobi(フォビ)グループが5年以上培った暗号資産(仮想通貨)取引サービスのノウハウを活かし、安心して日本で取引ができる暗号資産取引所を提供している。

暗号資産取引所フォビジャパンは、パソコンからはもちろん、スマートフォンからでも快適に取引できる。口座開設、日本円の入出金、暗号資産の送受金、暗号資産の取引、チャート分析など、PC版でできることはすべてモバイルブラウザ版で利用可能である。

生体認証にも対応する専用スマートフォンアプリもあるため、セキュリティが心配な方も安心して利用できる。

スマートフォンアプリ版とモバイルブラウザ版でそれぞれ特徴が異なるので、比較しながら紹介する。

スマートフォンアプリ

  1. セキュリティ機能
  2. シンプルな売買注文画面
  3. チャートの確認

1.セキュリティ機能

  • スマートフォンの生体認証
  • Google二段階認証
  • メールのログイン通知

フォビジャパン専用スマートフォンアプリには、指紋認証や3D顔認証、Google二段階認証、メールのログイン通知など必要なセキュリティ機能が備わっている。

万が一外出先でスマートフォンを紛失しても、資産のアクセスにはパスコードの入力が必須となるため、必ず設定しておきたい機能である。出金依頼を行う時にも、二段階認証が必要となっている。

2.シンプルな売買注文画面

暗号資産の売買を行なう注文画面もシンプルである。「指値注文価格」と「数量」を入力し、「買い/売り」ボタンをタップするだけで注文できる。スマートフォンアプリではまだ成行注文に対応していないので、指値注文(予約注文)のみとなる。

2.チャートの確認

もちろんスマートフォンアプリからチャートの確認も可能である。MA、MACD、RSIなどの指標を表示することも可能で、多機能ではないものの必要最低限の分析がアプリからでもできる。時間軸は「1分足」「5分足」「15分足」「30分足」「1時間足」「4時間足」「日足」「週足」「月足」から選べる。

モバイルブラウザ版

  1. 注文方法の種類
  2. トレーディングビューのテクニカル分析

1.注文方法の種類

モバイルブラウザ版は、SafariやGoogleChromeなどのWebブラウザでフォビジャパンにアクセスすることで利用できる。スマートフォンアプリの場合、注文方法は指値注文(予約注文)に制限されるが、モバイルブラウザ版では成行注文(いますぐ注文)も使うことができる。

成行注文とは、希望価格を指定せずに注文する手段で、注文成立を待ちたくない(今すぐに成立させたい)ときに使う注文手段である。

また、フォビジャパンの成行注文は、他の多くの国内取引所とは異なり「日本円換算で予算を決めて注文」することができるので、注文が滑って想定以上の量を購入する心配がない。

2.トレーディングビューのテクニカル分析

モバイルブラウザ版では、チャート分析のプラットフォーム「トレーディングビュー(TradingView)」を使った高度なテクニカル分析が可能である。チャートを全画面にすると、縦軸と横軸をスムーズに動かせるようになる。じっくりとテクニカル分析したい方はモバイルブラウザ版がオススメである。

まとめ

フォビジャパンでは、モバイルWebブラウザや専用スマートフォンアプリを使って外出先でも快適に暗号資産の取引ができるプラットフォームを提供している。2019年6月現在、モバイルブラウザ版専用の機能があるため、じっくりとテクニカル分析、トレードをしたい方はモバイルブラウザ版、生体認証を使った便利なログインを利用したい方はスマートフォンアプリがおすすめである。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る