【News】新経済連盟が経済団体としては初となる「新経連株価指数」を発表

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

新経済連盟は、本日開催の「新経済サミット2019」(New Economy Summit Tokyo 2019=NEST Tokyo 2019)にて、「新経連株価指数」を公表した。 新経連指数とは、新経連に加盟する一般会員のうち、東京証券取引所の主要市場に上場する企業を対象にした株価指数である。経済団体が、加盟する上場企業の株価を指数化して発表するのは、日本初*の取り組みである。

新経連は2012年6月の活動開始以来、イノベーション(創造と革新)、アントレプレナーシップ(起業家精神)、グローバリゼーション(国際的競争力の強化)の促進を目的に、政策提言や会員企業への情報提供等に取り組んできた。いわゆるテック企業や新しいベンチャー企業をはじめとする成長性の高い企業を中心に、会員数は順調に増加し、2019年4月1日現在の会員企業数は525社に上る。それに伴い、上場する会員企業の数が約100社となったことを契機に、新経連の特色を会員企業の株価の面から内外に示すものとして、今般、「新経連指数」を開発することとなった。

■   過去7年間の上昇率は約4倍
起算日である2012年6月1日から2019年5月末までを見ると、「新経連指数」の上昇率は約4倍に達する。これは代表的な日本株指数の上昇率を大きく上回るものである。新経連において、会員向けサービス等を担当する会員委員会の鉢嶺登委員長(新経連理事、オプトホールディング代表取締役社長・グループCEO)は、「新経連は成長企業が多く加盟する経済団体であることを様々な機会でアピールしてきました。この新経連指数は、そうした経済団体としての特徴を可視化したものです。実際に算出された指数は当初の予想を大きく上回るものとなりました。私たちは、この指数をまずは団体のウェブサイトを通じて発信することで、新経連の認知度と、会員企業の信頼度のさらなる向上に努めてまいります」とコメントしている。

「新経連指数」の概要は以下の通り。

【新経連株価指数について】
新経連株価指数(Japan New Economy Index)とは、一般社団法人 新経済連盟(新経連)が独自開発した以下のメソドロジーをもとに作成する、新しい株価指数である。

名称 新経連株価指数(Japan New Economy Index)
構成銘柄数 96社(2019年6月5日現在)
対象銘柄 一般社団法人 新経済連盟に加盟する一般会員のうち、東京証券取引所上場銘柄(市場第一部、市場第二部、マザーズ、JASDAQ)
銘柄入替え方法 毎年8月1日を基準日として、9月1日より銘柄定期入替えを実施
算出方法 浮動株調整時価総額加重平均型(3%キャップ付き)
算出開始日 2019年6月5日(水)
2019年6月20日(木)より新経済連盟のウェブサイトにて、毎営業日更新
起算日 2012年6月1日(終値)
基準値 1,000ポイント
算出委託先 STOXXリミテッド社(ドイツ証券取引所グループ)

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る