【News】楽天証券がラジオNIKKEIにて新番組「先取り★マーケットレビュー」を開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
楽天証券は、2019年7月3日(水)より、楽天証券提供の新ラジオ番組「楽天証券PRESENTS 先取り★マーケットレビュー」をラジオNIKKEIにて開始することを発表した。毎週水曜日16時からの30分間、ラジオNIKKEIの人気パーソナリティと楽天証券経済研究所のアナリスト、楽天証券の国内株・外国株担当者が最新のマーケット情報を届ける。

楽天証券では、“お金と投資をもっと身近に!”をコンセプトにしたオウンドメディア「トウシル」にて、人生におけるマネープランの作り方や投資情報などを発信しているほか、楽天証券に所属するアナリスト陣によるオリジナルレポートの配信や相場展望の動画解説コンテンツの充実など、様々な形で個人の方の投資活動・資産形成に役立つ情報を提供している。

このたび開始する新ラジオ番組「楽天証券PRESENTS 先取り★マーケットレビュー」では、毎週、楽天証券経済研究所 チーフアナリストの今中 能夫、シニアマーケットアナリストの土信田 雅之をはじめ、国内株・外国株を担当する社員が週替わりで、注目テーマや最新ニュースのほか、楽天証券のサービス活用術などを伝える。ラジオを通しての情報発信が加わり、これまで以上に幅広い個人投資家の取引環境をサポートできるようになると考えている。

また、「楽天証券PRESENTS 先取り★マーケットレビュー」はラジオだけでなく、パソコンやスマートフォンでもご聴取・視聴可能である。ラジオNIKKEI第1のほか、YouTube や「ポッドキャスト」、「ラジコ」アプリでも配信を予定している。

  • 新ラジオ番組「楽天証券PRESENTS 先取り★マーケットレビュー」番組概要
番組概要 楽天証券提供の30分番組。毎週最新のマーケット情報を届ける。
放送時間 毎週水曜日 16:00~16:30
番組内容 メインパーソナリティ-の石原 順氏と、楽天証券経済研究所 チーフアナリストの今中 能夫、シニアマーケットアナリストの土信田 雅之が毎週とっておきのマーケット情報を届ける。また、週替わりで楽天証券社員が出演し、楽天証券のサービス活用術や取引ツールの使い方なども紹介する。
出演者 石原 順 氏(メインパーソナリティー)
辻 留奈 氏(ラジオNIKKEIアナウンサー)
今中 能夫(楽天証券経済研究所 チーフアナリスト)
土信田 雅之(楽天証券経済研究所 シニアマーケットアナリスト)
加えて、週替わりで楽天証券株式事業部の国内株・外国株担当者が出演する。
放送メディア ラジオNIKKEI第1、ラジコ、YouTube、ポッドキャスト
聴取

視聴方法
■ラジオ
ラジオNIKKEI第1
■パソコン・スマートフォンなど
・番組ホームページ()からライブストリーミングもしくはオンデマンド聴取
・「ラジコ」アプリをダウンロード後、アプリで聴取
・YouTubeで視聴
■ポッドキャスト
デジタルオーディオプレイヤーの「ポッドキャスト」で聴取

 

  • 主な出演者ドキャスト

石原 順(いしはら じゅん)
1986年証券会社に入社、その後通貨先物、債券、株式、商品市場とあらゆる金融商品の取引に従事、 生き馬の目を抜く世界と言われる金融市場で、四半世紀にわたり活躍。現在も”現役”で根っからのディールホリック。実際の取引手法を惜しみなく公開する懐の深さで注目度上昇中。

今中 能夫(いまなか やすお) 楽天証券経済研究所 チーフアナリスト
1984年に岡三証券においてアナリストとなる。外資系証券会社等を経て2005年より現職。アナリスト歴30年。数多くのセクター、企業を分析してきた経験を生かし、現在はゲーム・エンタテインメント、電子部品、半導体、自動車など、テクノロジー、サービス分野を幅広くカバーする。1998〜2001年、日経アナリストランキングソフトウェア部門1位。2000年、同インターネット部門1位を獲得。

土信田 雅之(どしだ まさゆき) 楽天証券経済研究所 シニアマーケットアナリスト
青山学院大学国際政治経済学部卒業。国内証券会社にて企画や商品開発に携わり、マーケットアナリストに。2011年より現職。中国留学経験があり、アジアや新興国の最新事情にも精通している。国際テクニカルアナリスト連盟 認定テクニカルアナリスト(CFTe🄬)として、国内株式市場の動向はもちろん、世界の株式市場の動向をテクニカルとファンダメンタルズの両面から分析する。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る