【News】「クラウドファクタリング」のOLTAが25億円の資金調達を実施

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
日本初のオンライン完結型ファクタリング(請求書買取)サービス「クラウドファクタリング」を提供するOLTAは、SBIインベストメント、ジャフコ、新生銀行、BEENEXTを引受先とした第三者割当増資により18億円、また三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行をはじめとする複数の金融機関との融資契約と合わせて、合計25億円の資金調達を実施した。
今回の資金調達により、既存株主であるエンジェル投資家 有安伸宏氏、ジャフコ、BEENEXTからの第三者割当増資と合わせて、2017年4月の創業から2年間での資金調達額は累計30億円となる。

 

■資金調達の新しい選択肢「クラウドファクタリング」

企業が保有している売掛金(≒請求書)をファクタリング会社へ売却する資金調達の手法を「ファクタリング」と呼ぶ。
OLTAは入金待ちの請求書を即座に事業の運転資金に替えることのできる「ファクタリング」が、特に中小企業にとっての新しい資金調達の選択肢となりうると考え、約20万社のデータに基づくAI(スコアリングモデル)を開発。日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」の提供を開始する。
サービス開始以来、約1年半で申込総額は100億円を突破。さらに、ファクタリング事業における財務体質の強化と、主に採用強化に向けた投資の実行を目的とした資金調達を実施し、創業以来累計で約30億円の調達に成功した。

※ファクタリングの仕組み※ファクタリングの仕組み

■「はやい・かんたん・リーズナブル」…これまでになかった“金融体験”を提供
OLTAが提供する「クラウドファクタリング」サービスは、経営者が「必要な時に必要な分だけ運転資金を調達できる」というこれまでにない金融体験を提供する、以下の3つの特徴を備えている。

・「はやい」 請求書の申込みから、最短24時間(1営業日)以内に現金化。
提出された情報を元に、OLTA独自の審査システムで買取価格を算定。審査結果は24時間(1営業日)以内に回答する。契約完了後は、即日指定の銀行口座に買取金額を入金する。 ※時間帯によっては翌営業日になる場合がある

・「かんたん」 すべての手続きがネットで完結。面倒な書類提出が不要
以下の4点をウェブページからアップロードして提出するだけで申込みが完了する。
①代表者様の本人確認書類
②売却する対象の請求書
③銀行口座の直近7カ月の入出金明細
④昨年度の決算書

・「リーズナブル」 手数料はすべて込みで、業界最安水準の2~9%を実現

■金融機関等とのパートナーシップにより地域経済の活性化を目指す
今後は、様々な金融機関や事業会社との連携を通じて、日本全国に飛び交う“請求書”をよりスムーズに動かすことで中小企業のキャッシュフローを改善し、地域経済の活性化の一助となるよう努めていく。

画像注)左から取締役CSO武田 修一、代表取締役CEO澤岻 優紀、取締役CFO浅野 雄太画像注)左から取締役CSO武田 修一、代表取締役CEO澤岻 優紀、取締役CFO浅野 雄太

■OLTA株式会社 代表取締役CEO 澤岻 優紀 のコメント
「世界はあらゆる情報や選択肢で満ち溢れ、Amazonやメルカリ、LINEなどといったインターネットサービスによってどんどん便利になっている中、「中小企業の資金繰り=融資」という、選択肢の少ない中小企業金融に疑問を持ったのがOLTA創業のきっかけでした。
お陰様でサービス開始から非常に多くのお客様にお申込みをいただいており、申込総額は既に100億円を突破しました。「はやい・かんたん・リーズナブル」に請求書を売るという金融体験に対する非常に強いニーズを踏まえ、今回総額25億円の調達を行い、さらなるクラウドファクタリングの認知拡大と浸透を図っていきたいと考えています。
目に見えない金融サービスだからこそ、お客様からの信頼を積み重ねていくことが非常に重要と考えています。その観点からも、今回の資金調達によって、日本を代表するエンジェル投資家やベンチャーキャピタル、金融機関の皆様の強力なサポートを得られたことは、クラウドファクタリング市場の発展、延いては金融業界のアップデート、日本経済全体の活性化に向けて非常に重要な意味を持つと確信しております。
また弊社は、「あらゆる情報を信用に変え、あたらしい価値を創出する」をミッションに掲げる、与信再創造(=クレジットリデザイン)に向き合う会社です。今後は、自社の強みであるAIスコアリングモデルを活用したアライアンスを、金融機関やSaaS企業と進めながら、クラウドファクタリングの非連続な成長とその先にあるデータプラットフォーマーとしての進化を目指してまいります。」

■引受先各社からのメッセージ
SBIインベストメント株式会社 代表取締役執行役員会長 北尾 吉孝 氏
OLTAのサービスは伝統的な資金調達手法であるファクタリングをインターネットとAIの力で『クラウドファクタリング』として進化させています。運転資金の問題を抱える中小零細企業に対して新たな資金調達手段を提供するとともに、資金提供者である金融機関等には新たな顧客層の開拓、収益源・支援策の多様化を可能にする革新的、且つ社会的意義のある取組みであると思っています。このたびの投資を機に、SBI AI&Blockchainファンドにご出資いただいている地域金融機関や事業会社、更にはSBIグループが有する事業基盤や顧客ネットワークとOLTAのノウハウを掛け合わせることで、先進的なファイナンスサービスの提供を推し進めていきたいと考えています。

株式会社ジャフコ 代表取締役社長 豊貴 伸一 氏
商取引におけるファクタリングは従来から存在しますが、デジタル革命以降もユーザー体験に大きな変化はありませんでした。OLTAは、テクノロジーを駆使し、売掛金を必要な時に簡単に現金化できる「クラウドファクタリング」として新しい価値を創出しています。
当社には澤岻社長を中心に、金融業界を含む多様な業界から優秀なメンバーが集結しています。
今回の資金調達及び新たな株主を迎えることにより、さらに成長を加速できるものと考えています。

エンジェル投資家 有安 伸宏 氏
一通のTwitter DMが、創業者の澤岻さんとの出会いのきっかけでした。あの日から2年で累計30億円を調達、私の出資先70社の中でもトップクラスの事業進捗を見せています。OLTAのビジネスモデルは非常にシンプルですが、競争環境としては、与信モデルの開発競争、ユーザー獲得競争、資金調達競争と、複数の側面があります。どれか一つではなく、これらの複数要素それぞれでの高度なエグゼキューション力、そして統合力が大事になるだろうというのが、出資時の私の考えでした。既存金融機関との絶妙な距離感、大人コミュニケーション力といった組織ケイパビリティを着実に積み上げていく経営チームに、日本型FinTechの王道感を日々感じています。BlueVineやFundboxといった海外の先行事例と同じように、中小企業やスタートアップを助けるインフラとして大きく成長していくことを確信しています。

株式会社新生銀行 代表取締役社長 工藤 英之 氏
OLTAが手掛ける『クラウドファクタリング』は、従来のファクタリングの常識を変える革新的なサービスであり、そのサービスを支えるUI/UX、AIを活用した独自の与信モデルを高く評価しております。新生銀行グループは、中期経営戦略において、「価値共創による成長追求」を基本戦略の一つとし、外部のビジネスパートナーとデータやノウハウを共有・融合することによって、商品・サービスを高度化し、お客様に提供する新たな価値を創出することを目指しています。今後、OLTAとの連携を強化し、従来の金融サービスでは満たされていないお客様への付加価値の高いサービス提供に向けて注力していきます。

BEENEXT マネージングパートナー 前田 ヒロ 氏
OLTAの創業者をはじめ、チーム全体のビジネスセンスや技術力、そして団結力の高さを感じ、このチームを支援していきたいと思いました。
OLTAはデータを活用した革新的なソリューションを提供しています。今までにない資金調達の方法を実現し、日本経済の活性化につながる重要な役割を果たしていく事を信じています。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る