【News】クラウドポートが「Funds」で「抽選方式での投資申込機能」をリリース

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
1円から貸付投資ができる「Funds(ファンズ)」を運営するクラウドポートは、投資申込の新しい選択肢として、「抽選方式での投資申込機能」をリリースした。これにより、今後は募集金額が一定以上あるファンドの一部で、抽選方式と先着方式の2種類の方式によって投資申込をすることができるようになる。

■ 抽選方式追加の背景
2019年1月にFundsをリリース以降、これまでクラウドポートでは7社のファンド組成企業で合計9本、総額4億3,510万円のファンド募集を行ってきたが、いずれも好評を得て数十秒〜数分程度で満額の投資申込を受け付ける状態となっている。
今回の抽選方式の導入により、より多くの顧客に投資に参加できる機会を提供できるようになる他、ファンド募集開始時の混雑を避け、ゆとりを持って投資申込を行ってもらえるようになる。

また、こういった新機能の導入にとどまらず、Fundsでは2019年中にファンド組成企業として提携するパートナー企業を合計20社とすることを目指して準備を進めている。今後も貸付投資をより幅広い顧客の資産形成の一助として活用してもらえるよう努めていく。

■ 抽選方式の特徴
抽選方式を導入するにあたり、顧客から好評を得ている、「1円単位で投資が可能」「投資申込の後から入金ができる」といったFundsならではの特徴は引き続き継続して提供する。

抽選方式の特徴

  • 先着方式では募集枠に対して先着順で応募を受け付けるのに対し、抽選方式では募集枠に対してシステムが自動的に当選者を決定する。
  • 当選者は当選が決定した時点で、先着方式と同様、デポジット口座に残高がある場合はその残高から投資が実行され、残高がない場合は入金期限内に振込をしてもらう。
  • 抽選方式では投資申込金額に上限を設け、1ファンドにつき一人100万円まで申込を受け付ける。なお、1円単位で申込みできることに変わりはない。

■ 代表取締役社長の藤田雄一郎のコメント
1月のサービス開始以来、多くの投資家の皆さまに当社のサービスをご利用いただき、大変嬉しく思っております。一方で、ファンドの募集開始と同時に多数の投資申込を頂き、限られたお客様しか投資できない状況が続いていることを大きな課題として認識しています。
この課題に対し、まずはファンド募集開始時の混雑を避け、ゆとりを持って投資申込を行っていただけるようにしよう、と今回の抽選機能のリリースに至りました。
今回のリリースにより、これまで投資いただいたお客様はもちろん、これまで投資いただけていないお客様にも投資の機会をご提供できるようになれば幸いです。
また、Fundsではこういった新機能追加に限らず、お客様にご満足いただけるような商品を十分にご提供できるよう、引き続き審査基準を高く保ちつつも、ファンド組成を全力で進めて参ります。
今後ともFundsをご愛顧賜りますよう、何卒、よろしくお願い申し上げます。

■ 「Funds(ファンズ)」の特徴
・ひとつの口座でファンド組成企業やテーマ別に簡単分散投資が可能
・ファンドの利回りは年率1.5~6%(予定/税引前)と「ミドルリスク・ミドルリターン」のものが中心
・1円単位での投資が可能
・クラウドポートの定める選定基準をクリアした企業のみが参加

<ファンド組成企業および借り手(運営者)の選定基準>
下記3要件のいずれかを充足し、なおかつクラウドポートの審査を経ること ※
・上場企業
・監査法人と監査契約を締結している企業
・ベンチャーキャピタルからの出資を受けている企業

上記に加えての審査は、財務状況、資金調達力など総合的な観点から行う。
※ ファンド組成企業と借り手(運営者)の財務・事業の方針の決定を支配する会社が、要件を充足する場合を含む。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る