【News】FUNDINNOにおいて漢方生薬研究所が一部株式の相対取引の結果として投資家に還元

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスの“FUNDINNO(ファンディーノ)”を運営する 日本クラウドキャピタルは、FUNDINNOにおいて資金調達した漢方生薬研究所が一部株式の相対取引の結果として、FUNDINNO投資家に還元できることになったことを発表した。

■漢方生薬研究所が相対取引を引き受けた背景
今回、漢方薬研究所がファンドの買い付けの申し出を引き受けた理由は、漢方薬研究所と買い手との事業シナジーの可能性があったこと、この買い付けを引き受けることによりFUNDINNOを通して株主になった投資家にメリットがあったことが挙げられる。漢方薬研究所は2017年12月にFUNDINNOを通して457人のエンジェル投資家から29,250,000円の資金調達を実施している。エンジェル投資家の保有する1株500円の株式を、この度750円での買い付けが行われた。1年5カ月で1.5倍のEXIT事例となり、結果としてFUNDINNOの投資家に還元できることになった。

■漢方薬研究所代表取締役社長CEO 橋口遼氏より記者会見においてのメッセージ
EEC事業に長年携わる中で、自社のお客様が株主になることができたら良いなと思っていました。そのように考えている時に、FUNDINNOを利用することで「ファン株主」の世界を作ることができることを知りました。できるだけ多くの当社のお客様に、当社の株主さまになっていただけるように、FUNDINNOにおいて最少額である1万円での募集を行いました。その結果、2017年12月にFUNDINNOを通して457人が当社の投資家さまになっていただきました。また、感謝の気持ちを込めて当社では、株主優待を設けており、株を保有していればいる程、商品の割引や特典が付く形になっており株主還元にも力を入れております。今後は、株主さまとのリアルな交流を深め、株主さまの声を直接伺う機会を設けていきたいと考えており、MeetUPなども積極的に開催してます。7月11日には株主さまとのMeetUPを開催予定です。

7月11日『MeetUP』

 

■株式投資型クラウドファンディング“FUNDINNO“概要■
日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスのプラットフォームである“FUNDINNO”は、1口10万円前後の少額から、IPOやバイアウトを目指す企業の株式に投資することができ、投資後も投資先企業からのIR情報を定期的に確認することができる。株主になるため、リターンはもちろんだが、未来あるベンチャー企業の事業成長を一緒に確認することができる新しい投資体験も可能である。また、利回り・返礼等の具体的内容を求めるものではないが、その代わり株主のメリットとして、企業価値の上昇等による利益を長期的に狙えるのが他のクラウドファンディンサービスとの違いとなっている。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る