【News】楽天証券が米国株式の最低取引手数料を大幅引き下げ

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
楽天証券は、2019年7月22日(月)米国現地約定分より、米国株式取引の最低取引手数料を大幅に引き下げることを発表した。改定後の最低取引手数料は業界で最も安い※1、0.01米ドル(1セント)となる。

楽天証券は、より快適に米国株式を取引できるよう、米国株式に関する投資情報の拡充や指値注文の有効期間を業界最長水準※1に延長するなど、継続的なサービス改善を行っている。このたび、最低取引手数料を5米ドルから業界で最も安い0.01米ドル(1セント)に引き下げることで、より低コストで米国株式への投資をできる環境が整います。

また、楽天証券では、米国株式取引で支払った手数料の1%に値する「楽天スーパーポイント」などをプレゼントするポイントプログラム※2も用意している。貯まったポイントは「楽天市場」をはじめとした楽天グループの各種サービスで利用できるほか、楽天証券の「ポイント投資」で投資信託の購入(積立含む)代金の一部または全額に充当も可能である。

楽天証券は、低コストで取引できる環境を提供すべく、継続的に株式等の手数料引き下げを行ってきた。今後もニーズにあわせた商品・サービスを提供することで、個人投資家の資産形成に貢献していく。

  • 米国株式取引 手数料各社比較表(2019年7月22日以降。税抜)

 

※1:米国株式を取扱う主要ネット証券(口座数上位3社:SBI証券、マネックス証券、楽天証券(五十音順))で比較。(2019年7月5日現在、楽天証券調べ)。

※2:国内株式の取引手数料体系を「超割コース」に設定する必要がある。「超割コース大口優遇」の場合は2%に値するポイントを受け取れる。受け取れるポイントは「楽天スーパーポイント」または「楽天証券ポイント」どちらかの選択が可能である。なお、法人の場合、ポイントプログラムは対象外となる。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る