【News】マネックス証券が米国株の最低取引手数料を無料(0米ドル)に

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
マネックス証券は2019年7月22日(月)米国現地約定分 (予定)より、米国株取引における最低取引手数料を無料(0米ドル)とする。
■背景
マネックス証券は2019年7月8日(月)より米国株取引の最低取引手数料(税抜)を0.1米ドルに引き下げた。
さらに2019年7月8日(月)に、2019年7月22日(月)より、米国株取引の最低取引手数料を0.1米ドルから0.01米ドルに引き下げることを発表しているが、その最低取引手数料を撤廃し無料とする。
マネックス証券は以前より、米国株取引専用スマートフォンアプリの提供、逆指値など豊富な注文機能、時間外取引の対応、主要ネット証券最多の3,400超の銘柄取り扱いなど、ネット証券各社と一線を画す米国株取引サービスを提供している。
この度の最低取引手数料の無料化と、米国株購入時に必要となる米ドルの「為替手数料(買付時)の無料化」(2020年1月7日(火)まで実施中)により、マネックス証券独自のサービスを低コストで利用できる。■主要ネット証券3社(※1)米国株取引手数料(税抜)比較(2019年7月22日以降(※2))

2019年7月8日(月)から2019年7月19日(金)現地約定分までは業界最安の最低取引手数料(0.1米ドル)で取引できる。

※12019年7月10日現在マネックス証券調べ。主要ネット証券は、SBI 証券・カブドットコム証券・松井証券・楽天証券・マネックス証券を指す。(カブドットコム証券・松井証券は米国株の取扱はない)
※22019年7月10日現在マネックス証券調べ。詳細は各社ウェブサイト上へ。また、売却時には本取引手数料の他に現地取引費用がかかる。詳細は当社ウェブサイトへ。

■マネックス証券が有する米国株取引に関するサービス内容比較(2019年7月10日時点)

 

今後もマネックス証券は、2018年11月にマネックスグループが発表したブランドステートメント「For Creative Minds」に掲げる、従来の枠組みを超えた新しい発想や視点に基づき、創造性を携えて、新しい「お金の未来」を常に提案していく。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る