【News】「pring(プリン)」にワンタップするだけでお金を送れる「スワイプ送金」機能を追加

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
pringは、お金を「おくる、もらう、チャージする、口座にもどす」がすべて無料の送金アプリ「pring(プリン)」に、新機能「スワイプ送金」を追加した。

 

■「スワイプ送金」とは
硬貨を指ではじく感覚でお金を送ることができる、新感覚の送金機能である。

いままでプリンでは、チャット画面から500円をおくるのに必要なタップ数は5タップだったが、今回のスワイプ送金の実装により、ワンタップでお金を送れるようになる。

 

  • 「スワイプ送金」開発の経緯

お金の移動には、手数料などの直接的なものから、「貸したお金が返ってこないストレス」などの間接的なものまで、常日頃、さまざまな摩擦が発生している。

「お金コミュニケーション」は、「すべてのお金のやりとりには、コミュニケーションが発生する」という思想から、生まれた言葉である。
プリンは、これらの「お金の移動に関する摩擦」を無くし、老若男女問わず、すべての方に快適な「お金コミュニケーション」を楽しんでもらえる世界を実現したいと思っている。
そこで、お金をおくるまでの手間を最小限にし、「お金をおくる」という動作に「楽しさ」を加えることで、お金をうごかす際のストレスをさらに軽減し、お金コミュニケーションのさらなる促進に繋げて行く。

  • pring 代表取締役荻原からのコメント

経済とはお金があることではなく、価値が回ることとだと思っています。
日本では、「お金を貯めることが善」という思想が古くからあるため、個人資産の総計が1,800兆円もあるのに、お金が回りにくい状況が続いています。お金が回らないと、経済が停滞してしまいます。

プリンでは、お金をうごかすことへの抵抗をへらすことで、本来あるべき価値の循環を促進できればと考えています。そのために、プリンではお金をうごかす際の手数料がかかりません。
スワイプ送金も、お金の循環させるための活動の一環として実装した機能です。お金をおくり合うことが楽しくなることで、人々の価値交換の輪が広がっていけば嬉しいです。

また、今回の機能追加を記念して、プリンで本人確認を終えている方全員に4円をプレゼント!
ぜひこの機会に、「お試しスワイプ」してみてください。

  • 4円プレゼントについての詳細

【内容】
2019年7月21日(日) 23:59までにプリンで本人確認を終えた方全員に、4円をプレゼント*する。
まだプリン内につながりがいない方は、プリン広報そねだの送金専用アカウント(プリンID:soneda)にお試しでスワイプ送金することも可能である。
*4円は、2019年7月23日(火)までに対象者全員にプリンちゃんより送金する。

【利用条件】
・1人のユーザーが複数のプリンアカウントを保有することは利用規約違反となる。複数のアカウントを保持していることが確認できた場合、特典プレゼントの対象外となる。
・送金専用アカウントに送金をするときは、必ずプリンID「soneda」が正しく入力されていること。なお、スワイプ送金専用アカウントは、アカウント宛に送金されたお金を受け取らない。
・送金専用アカウント宛にメッセージを送っても、回答することができない。
・2019年7月17日(水) 23:59までに郵送での本人確認申請をした方に関しては、2019年7月19日(金)までに本人確認書類発送の手続きを取る予定である。2019年7月18日(木)以降に申請された方に関しては、キャンペーンエントリーに間に合わない場合がある。

  • 無料送金アプリ「プリン」について

「プリン」は、チャット感覚でカンタンにお金を送りあえるアプリである。

アプリのトップページから相手を選び、送りたい・受け取りたい金額と、メッセージを入力して送信するだけ。
チャット機能を通して、会話の流れの中で自然にお金のやりとりができるので、現金特有の気まずさを感じることなく、お金コミュニケーションを楽しめる!
やりとりしたお金はいつでも、銀行口座に戻したり、全国に25,000台以上あるセブン銀行ATMで、現金として引き出すこともできる。

もちろん、すべての機能をいつでも無料で使える。
(一部のチャージ機能、出金機能を除く)

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る