【News】スマートプラスが「STREAM」のユーザーが主体となる“新・投資力向上プロジェクト”を始動

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
Finatextホールディングスの子会社であるスマートプラスは、この度、コミュニティ型株取引アプリ「STREAM(ストリーム)」を利用するユーザーが主体となって、投資力の向上を目的にイベントの企画や運営を行う共創プロジェクトを開始する。このプロジェクトでストリーマーにはスマートプラスのサービス開発にも関わってもらう。

「新・投資力向上プロジェクト」活動概要
1) アンバサダー制度の発足
2) ユーザーによるユーザー向けオフ会「STREAM CAMP」の企画・運営(毎月)
3) 大型イベント「STREAMRS SUMMIT」の企画・運営(年1回)
4) 「STREAM」に関わるデザイン設計やサービスの共同開発

昨今、スマートフォンの普及などによって、趣味や趣向が多様化し、人とのつながりを自由に選べる一方で、親密な人間関係を結ぶ機会が減り、人との繋がりが希薄化してきている。そうした中で、家族や周りの友人に同じ趣味や趣向を持った人がいないため、共通の趣味や関心ごとなど目的に応じて「相談や交流ができるコミュニティを“居場所”にしたい」というニーズが高まっている。

スマートプラスでは、「株取引について身近に相談できる人が欲しい」という個人投資家の悩みに対して、スマートプラスのコミュニティマネージャーが中心となり、STREAM上のSNSでコミュニティを盛り上げるような発信を行うほか、STREAMを利用するストリーマー向けのオフ会「STREAM CAMP」を東京、大阪、名古屋で順番に毎月開催してきた。「STREAM CAMP」は、ストリーマー同士が、ワークショップやディスカッションを通じて交流ができる場として人気を集めるほか、働き方改革の流れで、仕事終わりの時間を本コミュニティへの参加に充てる人も増えており、参加者は2018年2月から1年半で3倍に増加している。

そしてこの度「STREAM CAMP」をさらに活性化するべく、ストリーマーと一緒に、投資力アップを目的として投資家による投資家のためのコミュニティを作っていく「新・投資力向上プロジェクト」を始動することになった。

今年実行していくプロジェクトは下記の4つである。

【新・投資力向上プロジェクト】
1)   アンバサダー制度の発足

ストリーマー向けオフ会「STREAM CAMP」の運営者を、STREAM CAMPを楽しみ、そして株取引を楽しんでいるストリーマーの中から、立候補制で選出する制度である。東京、大阪、名古屋の各地域で、2〜4名ずつ選出する。STREAM CAMPは、一般的なセミナー形式とは異なり、ディスカッションやワークショップを通じて、実践的な銘柄の探し方のコツを学べるなど、インプットとアウトプットの両方ができるように工夫されたイベントである。投資家が抱えるリアルな課題を解決するためには、実際に投資を行っている個人投資家目線でのイベントの企画が重要だと考え、アンバサダー制度を発足した。
2)   ユーザーによるユーザー向けオフ会「STREAM CAMP」の企画・運営(毎月)
アンバサダーとして選出されたストリーマーを中心に、月に1回イベント企画のミーティングを行い、毎月開催する「STREAM CAMP」のイベント内容を決めていく。またイベント当日は、ストリーマーがファシリテーターの役割を担い、参加者の様子を見ながら、初めての参加者でもイベントに馴染みやすいようにサポートするほか、懇親会でも、ストリーマー同士をつなぐハブ的存在として、場を盛り上げる。

3) 大型イベント「STREAMRS SUMMIT」の企画・運営(年1回)
STREAMでは、多くのストリーマーから株取引に関する有益な情報が発信されているが、1年の集大成として、STREAMへの貢献度が高いストリーマーを表彰するイベント「STREAMERS SUMMIT」を11月30日(土)に開催する。イベントには全国から100名以上のストリーマーが参加予定で、当日は表彰式のほか、全国のストリーマー同士が繋がれるコンテンツも用意する。本イベントも東京、大阪、名古屋のアンバサダーとともに企画していき、詳しいイベント内容は2019年秋頃公開する予定である。

4) 「STREAM」に関わるデザイン設計やサービスの共同開発
STREAMに関わるデザインや機能改善などのサービス開発について、ストリーマーの意見を取り入れながら進めていく。第一弾として、STREAM CAMPの新しいロゴについて、スマートプラスが用意した3つのロゴデザインの候補から、ストリーマーの投票によって決定した。

■従来型 売買委託手数料ゼロのコミュニティ型株取引アプリ「STREAM(ストリーム)」について
STREAMは、株取引機能(現物取引並びに信用取引)にSNS機能を統合したコミュニティ型株取引アプリである。ユーザー同士が株取引に関する情報を交換しながら楽しく株取引が行える他、日本で初めて従来型売買委託手数料を完全に無料とし、より有利な価格での約定を期待できる「SMART取引」を採用するなど、ユーザーの株取引に関する煩わしさを排除した全く新しい株取引サービスである。

特徴 SNS+株取引/従来型売買手数料ゼロ
アプリ利用料 無料
利用可能OS iOS並びにAndroid版
取引機能 現物取引/信用取引
サービス利用開始時期 SNS機能 2018年4月/現物取引 2018年7月/信用取引 2018年9月
口座数 非公開
取扱銘柄 東京証券取引所の上場株 東証一部/東証二部/JASDAQ/マザーズ(日本株のみ)
並びにETF(外国籍、JDRは除く)、REITを対象

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る