【News】KDDIエボルバがSMBC日興証券のお客さまサポートに「VisualMenu®」を導入

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
KDDIエボルバは、SMBC日興証券が提供するお客さまサポートに、各種チャネルをスマートフォン上に集約するビジュアルIVR「VisualMenu®」を導入し、2019年7月25日より提供を開始する。

「VisualMenu」は、SMBC日興証券のLINE公式アカウントのAIチャットボット問合せ、株価・チャート・残高照会や、オペレータが応対するチャットサポート、各種フリーダイヤルのほか、オンライントレードや、よくあるご質問など、お客さまの利用頻度の高いチャネル、サポートメニューをスマートフォン上に視覚的にわかりやすく表示するものである。

これにより、お客さまは、口座の開設の有無を問わず、サポートサイトや、お知らせメール等で案内するURLをタップすることで、ご自分の目的にあったメニューをこれまで以上に簡単に探し、素早く解決することができる。

KDDIエボルバの「VisualMenu」は、複数のテンプレートや、メニューの表示パターン、内容を簡単に設定、変更が可能なため、営業時間内・時間外に利用可能なメニュー変更や、シーズンごとにお客さまの利用頻度が増加する問合せ、手続きを優先したメニュー表示、コンタクトセンターがつながりやすい時間帯が確認できる一覧表示などにより、利便性向上に寄与するものと考えている。

KDDIエボルバは、今後も、従来のコールセンターサービスに加え、CX(カスタマーエクスペリエンス)を高めるオムニチャネルソリューションの提案、提供により、企業とお客さまの次世代リレーションシップを実現していく。

■KDDIエボルバのビジュアルIVR 「VisualMenu 」について    
問合せチャネルを集約したプラットフォームのビジュアルIVR「VisualMenu」は、以下の特長があり、自動音声ガイダンスの待ち時間や、サイト内検索に対する不満の解消とともに、セルフサービスによるスピード解決で利便性の向上を実現する。また、コンタクトセンターの入電分散による効率化に貢献する。

  • スマートフォン用アプリのインストール不要
  • 企業とお客さまをつなぐ問合せチャネルにスマートフォンから簡単アクセス
  • コンタクトセンターの通話待ち時間表示、コールバック予約機能実装

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る