【News】セゾン自動車火災保険が「NPS®ベンチマーク調査2019ダイレクト型自動車保険部門」において3年連続で第1位の評価を獲得

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
セゾン自動車火災保険は、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(代表取締役社長 塚本良江)が実施した「NPS®ベンチマーク調査2019ダイレクト型自動車保険部門」において、3年連続で第1位の評価を得た。

1.調査結果
NPS®(ネット・プロモーター・スコア)でダイレクト型自動車保険7社中、第1位となった。7社のNPS®平均値と比較し、+6.5ポイントの差となった。

※調査対象は、アクサダイレクト、イーデザイン損保、SBI損保、セゾン自動車火災保険、ソニー損保、チューリッヒ保険、三井ダイレクト損保の7社である(50音順)。

2.高く評価されたポイント
「コストパフォーマンス」への高評価に加え、「ウェブサイトの分かりやすさ」「最適なプランの探しやすさ」といったユーザビリティ面および「コールセンターの応対のよさ」「アフターフォローの手厚さ」といったサービス面で、ダイレクト型自動車保険でトップの評価を得た。

NTTコム オンラインNPS®ベンチマーク調査2019【代理店型自動車保険・ダイレクト型自動車保険】調査結果の詳細

セゾン自動車火災では、「お客さま本位の業務運営方針」を定め、「お客さま一人ひとりに納得感を持って選んでいただける保険会社」を目指している。今後とも高品質な商品やサービスの提供に努めていく。
「お客さま本位の業務運営方針」および前年度の主な取組み状況については、ウェブサイトで公表している。

<参考>
NPS®について
NPS®とは、「Net Promoter Score(ネット プロモーター スコア)」の略で、顧客ロイヤルティ(企業に対する愛着や信頼度)を図るための指標であり、「友人や同僚に薦めるか?」との質問への回答から計測します。通常は、愛着や信頼がないかぎり「推奨(他人へのお薦め)」はしないため、顧客満足度を測るための一般的な質問である「満足しましたか?」よりも高い評価を獲得するのが困難とされている。
※Net Promoter®およびNPS®は、ベイン・アンド・カンパニー、フレッド、ライクヘルド、サトメトリックス・システムズの登録商標である。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る