【News】FOLIOが新たな投資テーマとして「米国利下げ戦略」をラインナップに追加

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
FOLIOは2019年7月30日(火)から、新たな投資テーマとして「米国利下げ戦略」をラインナップに追加した。FOLIOでは新テーマを随時追加しており、7月22日(月)には「隠れ高収益企業」、6月には「Pay和元年」「AI最前線」「アニメブーム(セレクト)」「テーマパーク」がラインナップに加わった。

 本テーマの構成銘柄は、「米国利下げ」という世界的にも注目度の高いイベントに注目して選定した。

8月1日未明(日本時間)、米連邦準備理事会(FRB)は連邦公開市場委員会(FOMC)において、政策金利を0.25%引き下げ、約10年半振りの利下げに踏み切りました。FOMC終了後に記者会見したパウエルFRB議長は、今回の利下げについて、「景気下振れリスクに対する予防的なもの」という趣旨の発言をしている。

過去の「予防的利下げ」後、米長期金利が底打ちし反発した事例が今回も到来するのであれば、利下げ後に長短金利差が拡大し、金融セクターの銘柄にとっては一般的に収益機会が増えることになる。新テーマでは、この局面で株価上昇を想定する方に向けた「短期逆張り」の投資戦略を採っている*1。現在公開している全93の投資テーマについて、リリース直後3日間における購入個数を比較すると、新テーマは第1位を記録している(2019年8月5日FOLIO調べ)。

今回の新テーマの拡充により、FOLIOが展開する投資テーマの数は合計93テーマとなり、さらに多くの人に投資を楽しんでもらえるようになった。引き続き新たなテーマを追加していく予定なので、今後の発表にも是非注目したい。

【FOLIOについて】
国内株を取り扱う独立系証券会社において、約10年ぶりに新規参入し話題となったオンライン証券会社。2018年8月に本格的な事業展開を開始。テーマに投資できるサービスは日本初*2。2018年11月には、いわゆるロボアドバイザーサービスの「おまかせ投資」をローンチ。テーマ投資やおまかせ投資を“新しい副業”として捉えて始める方が増え始めるなど、業界内外で注目を集めている。

テーマ投資では、「ドローン」や「京都」、「ガールズトレンド」といったテーマを選ぶだけで、それぞれのテーマに関連した複数の企業に1万円台から分散投資が可能*3。FOLIOが選定した複数企業にリスクを分散させた投資を、簡単に行うことができる次世代型の投資サービスである。テーマ投資は、日経トレンディ2019年6月号「令和ヒット予測」、「金融」部門にて上半期ヒット商品に選ばれるなど、大変好評をいただいている。

2018年10月には、LINE Financial(金融商品仲介業者 関東財務局長(金仲)第854号)と「LINE」上からテーマ投資を行える『LINEスマート投資』をローンチした。月間アクティブユーザー8000万人というユーザー数*4を抱えるLINEアプリから、気軽に投資を行える新しいプラットフォームは、FOLIOが展開する次世代型投資サービスを基盤としている。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る