【News】マネックス証券が「つみたてNISA・iDeCoシミュレーション」の提供を開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
マネックス証券は、本日2019年8月20日(火)より、投資目的に適した積立投資プランを提案するオリジナルサービス「つみたてNISA・iDeCoシミュレーション」の提供を開始した。なお、本シミュレーションはマネックス証券に口座を持っていなくても利用可能なサービスである。
■背景
「老後2,000万円問題」をきっかけとして、あらためて長期・積立・分散投資の資産形成制度であるつみたてNISA(ニーサ)と個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)への関心が高まっており、マネックス証券においても両制度への問合せや申込が増えている。
しかしながら、投資未経験の人が両制度を十分に理解して、どちらが自身の資産形成の目的により適しているのかを正しく判断するのは難しく、また相当の時間を要するというのが実情である。
この課題を解決するため、数項目の入力を行うだけで、つみたてNISAおよびiDeCoを利用した積立投資プランの提案が受けられる新サービスの提供を開始する。■サービス概要
(1)自分に合う積立制度を見つけるためのシミュレーション
つみたてNISAおよびiDeCoをどのように利用すべきか悩んでいる人向けのシミュレーション機能である。
投資目的、職業もしくは加入している年金制度、年収、毎月の積立予定額などを入力・選択すると、
つみたてNISAとiDeCoのどちらに優先して資金を配分すべきか判定し、簡単なアドバイスとともに
具体的な配分案を提案する。
また配分案に基づいた運用シミュレーションの結果も合わせて提示するので、どれぐらいの資産を
つくれるのか、また、節税効果はどれぐらいかを一目で確認できる。

(2)つみたてNISAおよびiDeCoを単体で利用した場合のシミュレーション
どちらの積立制度を利用するか、すでに決めている人向けのシミュレーション機能である。
利用される制度を選び、毎月の積立予定額等を入力・選択すると、それに基づいた運用シミュレーションが行われ、到達金額や節税効果等を試算する。

■シミュレーションの画面イメージ
年収500万円、30歳から老後の資金作りのために月3万円ずつ30年間積立て、年利3%で運用した場合

詳細はマネックス証券ウェブサイトへ。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る