【News】「CREAL(クリアル)」において「第18号池袋一棟レジデンスファンド」の満額調達を完了

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
ブリッジ・シー・キャピタルは、運営する一万円から投資できる不動産投資クラウドファンディングサービス「CREAL(クリアル)」において、2019年8月9日20時より募集を開始した池袋エリアに位置する「第18号池袋一棟レジデンスファンド」の満額調達(募集金額2.96億円)を2019年8月21日に完了した。

 

一棟レジデンス案件第一弾の新宿エリアに続き
募集開始から12日間で約3億円の満額調達完了!

第18号案件「ラ・ペルラ池袋」は、住みたい街として人気のエリアで、国際アート・カルチャー都市構想により大規模再開発を推進しており非常に注目されている池袋エリアにある築浅物件である。
CREAL初の募集となった一棟レジデンス案件「リノ西落合」の満額調達(募集金額2.43億円)から、10日後の2019年8月9日の募集開始だったにも関わらず、わずか12日間で約3億円の満額調達を達成した。

・ファンド名: ラ・ペルラ池袋
・募集金額: 29,600万円
・初回配当日:2019年10月31日 ※以降毎月配当
・想定利回り(年利): 4.5%
・最小投資口数:1口(1万円)
・想定運用期間: 18ヶ月
・募集期間:2019年8月9日 20:00~2019年8月28日 20:00

未投資資金の「信託銀行への分別管理」を開始!

CREALでは2019年7月より未投資資金をより安全に管理するために、信託銀行への分別管理を実施している。
信託銀行を活用し、自社が保有する資産とは明確に分別して管理することで投資家の未投資資金をより安全に保護することを目的としている。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る