【News】ソニー銀行がBEDOREが提供するAI自動応答チャットサービスを導入

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

ソニー銀行は、2019年8月26日(月)より、BEDOREが提供する自然言語処理技術を用いた対話型の自動応答エンジン「BEDORE(べドア) Conversation」を活用したAI 自動応答チャットサービスを導入した。

これまでソニー銀行のサービスサイト上で有人チャットによる問い合わせ対応を行ってきたが、平日9:00 ~17:30 の対応としており、その他時間帯や土日祝日はカスタマーセンターへ電話にて問い合わせてもらう必要があった。本サービスの導入により、お客さまは24 時間365 日、ソニー銀行の商品やサービスに関してパソコンやスマートフォンから気軽に問い合わせできる。また、「BEDORE Conversation」の自然言語処理技術により、日本語のゆらぎや類義語の表現の読み替えに対応することで、お客さまがチャットウィンドウに入力した質問に対して、登録してあるFAQ データから対話形式で精度の高い回答を提示する。
本サービスは、ソニー銀行のサービスサイトに設置したチャットボットアイコンから利用できる。自動応答にはVisa デビット付きキャッシュカード「Sony Bank WALLET」などのデザインにも採用しているPostPet™ の「モモ」が対応する。

ソニー銀行は、今後も最新のデジタル技術を活用しながらお客さまの利便性向上に努めていく。

■ AI 自動応答チャットサービスの画面イメージ

■ BEDORE Conversation について
「BEDORE Conversation」は、深層学習と日本語固有の自然言語処理技術による構文解析を組み合わせたアルゴリズムで、高精度のユーザー意図理解を実現する。業界固有表現辞書(日本語)と汎用的なシステムアーキテクチャにより、接客・コールセンター・FAQ 対応において、自動化・半自動化を支援する。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る