【News】「DMM 株」が米国株式の最低手数料を5ドルから無料に変更

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

DMM.com証券が提供する株式オンライントレード【DMM 株】は、2019年9月3日(火)現地約定分から、米国株式の最低手数料5ドル(税抜き)を無料に変更する。
変更後は業界最安値の最低手数料となり、米国株式の魅力の1つである「少額投資」をより行いやすくなる。

【DMM 株】では、投資家の皆様の資産形成をサポートするため、国内株式において業界屈指の低コストでサービスを提供している。このたびの最低手数料無料化で、米国株式においても低コストでの取引を可能とし、資産形成の一助として米国株式を活用できる環境を用意した。
この機会に、【DMM 株】での米国株式投資を検討したい。

■【DMM 株】米国株式の取引手数料について
最低手数料無料化後の取引手数料(税抜き)は、以下のとおりである。

1約定ごとの手数料:約定代金の0.45%
上限手数料:20ドル
最低手数料:0ドル

最低手数料が無料になると、株価に対して取引手数料が割高になることがなくなり、従来よりも少額投資を行いやすくなる。

《例》株価10ドルの銘柄を1株買い付ける際の取引手数料
・最低手数料が5ドルの場合
10ドル×0.45%=0.045ドルとなり5ドルを下回るため、取引手数料は5ドル(株価の50%分)である。
取引手数料のマイナス分をカバーするためには、株価が50%上昇する必要がある。
・最低手数料が0ドルの場合
10ドル×0.45%=0.045ドル(株価の0.45%分)である。
取引手数料のマイナス分をカバーするためには、株価が0.45%上昇する必要がある。

なお、【DMM 株】では円貨決済のため、円換算後の取引手数料が1円未満となる場合が最低手数料0ドルに該当する。

■【DMM 株】米国株式取引の特長
《スマホアプリ『DMM株』で取引可能》

【DMM 株】ではPCだけでなく、スマホアプリでも米国株式の取引が可能である。スマホアプリでの米国株式取引に対応している証券会社は少なく、PCを起動せず手軽に株価の確認や発注をされたい人には大きなメリットである。
スマホアプリ『DMM株』は、1つのアプリで国内株式と米国株式の両方を取引できる、他社にはない特別な機能を備えた取引ツールである

《取引に必要な情報は全て無料》
PCでもスマホアプリでも、リアルタイムの株価情報を閲覧できる。また、「みんかぶ」が提供する「目標株価」や「アナリスト予想」なども取引ツールで確認できる。
さらに、投資レポート「バロンズ拾い読み」をWEBサイトにログイン後のマイページにて閲覧できる。
「バロンズ拾い読み」は、ダウ・ジョーンズ社が発行する米国で最も著名な投資週刊誌「バロンズ誌」の中から、日本の投資家向けに記事を抜粋し要約した投資レポートで、米国株式投資に欠かせない情報が満載である。
【DMM 株】では、これらの情報を全て無料で提供している。

取引ツールも投資情報も、【DMM 株】口座を開設するだけで利用できる。
口座開設手続きは、インターネット上で簡単に完結する。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る