【News】楽天証券が「楽天スーパーポイント」を利用できる「ポイント投資」サービスを開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
楽天証券は、2019年10月28日(月)より、国内株式(現物)※1において、「楽天スーパーポイント」※2を1ポイント=1円として、購入代金および取引手数料の全額または一部に利用できる「ポイント投資」サービス※3を開始する。国内株式(単元株)の購入(私設取引システム(PTS)夜間取引およびNISA口座での取引を含む)でポイントが利用できるのは、業界で初めて※4である。

楽天証券は、2017年8月に楽天グループの各サービス利用によって貯まる「楽天ポイント」などで投資信託の購入ができるサービスを業界で初めて開始し、現在、投資信託を購入するお客様の約8割※5がポイントを利用している。また、サービス開始以降、楽天証券で投資信託を初めて購入する人は約3倍※6に増加しており、「ポイント投資」を通して多くの投資初心者のお客様が資産形成の一歩を踏み出している。

今回、新たに開始する国内株式の「ポイント投資」は、事前に設定した内容で「楽天ポイント」を自動で充当するため、取引都度の操作なく、計画的なポイントの利用が可能になる。「ポイント投資」をきっかけに、株式投資に興味はあるものの自己資金の利用をためらっていた人など、さらに多くの人の投資意欲を高められると期待している。なお、本サービスは、特定口座、一般口座、NISA口座において利用可能である。

楽天証券は、今後も楽天グループの強みを活かしたサービスの拡充を図ることで、これまで以上に付加価値の高いサービスを提供し、より一層の顧客基盤拡大と快適な取引環境の提供に努めていく。

  • 楽天証券の「ポイント投資」、国内株式取引の概要
サービス概要 PTS夜間取引を含む国内株式(現物)取引、買い注文時の購入代金および取引手数料の全額または一部に「楽天ポイント」の利用が可能
ポイント利用単位 1ポイント=1円
対象銘柄 国内株式 現物取引※1の取扱い銘柄
対象ポイント 「楽天ポイント」※2
対象 特定口座・一般口座・NISA口座 ※ジュニアNISA口座は対象外

詳細は、以下、楽天証券ホームページ内のお知らせを確認すること。

  • ご参考:10万円以下で取引可能な上場銘柄

国内株式への投資は一般的に大きな資金が必要だと考えられているが、東京証券取引所に上場する銘柄の44%を占める約1,769銘柄が1単元10万円以下で、そのうち、144銘柄が最小投資金額1万円以下で取引できる※7。さらに楽天証券では、1万円以下で購入できる銘柄の多くを占める上場投資信託を含む86本のETFが、取引手数料無料の「手数料0円ETF」の対象である。

  • 楽天証券の新たなグループ連携イメージ

※1:新規公開株式(IPO)・公募増資・売出(PO)、新株予約権無償割当(ライツ・オファリング(払い込みによるもの))は対象外
※2:「期間限定ポイント」や他ポイントから交換した「楽天ポイント」および「楽天証券ポイント」は、国内株式の「ポイント投資」の対象外
※3:国内株式の「ポイント投資」は、楽天グループの各種サービス利用で楽天市場のお買い物で付与される「楽天ポイント」の倍率がアップするプログラム、SPU(スーパーポイントアッププログラム)の対象外。事前に「楽天スーパーポイントコース」の設定が必要
※4:主要ネット証券(口座数上位5社:SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(五十音順))で比較。(2019年9月4日現在、楽天証券調べ)
※5:2019年8月1日~同年8月30日の期間、楽天証券で投資信託を購入する際に通常注文を選択した人について、楽天証券にて集計
※6:楽天証券で初めて投資信託を購入する際に通常注文を選択した人について、2017年7月と2019年8月との比較を楽天証券にて集計
※7:2019年9月3日 15時00分現在、楽天証券調べ

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る