【News】アルファコードがシンガポールのリート物件が体験できる「アジアリートVRツアー」を製作

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
アルファコードは、三井住友DSアセットマネジメントと共に、VRコンテンツ第1弾となる「アジアリートVRツアー」を製作した。これにより投資家は、時間や場所を問わず、VRで投資先を体験できるようになり、投資先への理解を深め、身近なものに感じられるようになった。本コンテンツは、金融機関での運用が決定している。

 

これは、シンガポールのランドマークを約6分間で巡るVRツアーで、高精細な8Kの実写映像とCGで構成されている。これまで、投資信託を検討する際は、文字情報や写真を用いたものがメインだった。しかし、現実の空間情報をそのままバーチャル空間に取り込めるVRを活用することにより、日本にいながら没入度の高いVRでの体験を通じて、アジアリートへの理解を深めることができる。

本コンテンツは、VRゴーグルと手持ちのスマートフォンで視聴体験できる。セミナー会場では、PC不要の一体型VRゴーグルとアルファコード開発のVRコンテンツ一元管理システム「VRider Admin」を利用することにより、オペレーター1人で複数台のVRゴーグルを管理できます。これにより、多くの人々にVRを体験いただけるようになった。更に、スマートフォンにVRコンテンツ再生アプリ「Blinky Player」をインストールすることで、ユーザーは時間や場所を問わず、繰り返しVRツアーを体験し、じっくり内容を吟味することができる。

両社は今後も、VRコンテンツの製作を行っていく予定である。引き続き、皆様に利便性の高いサービスを提供できるよう、取り組みを進めていく。

 

CGで再現されたプライベートジェット機でシンガポールに向かうところからツアーがスタートするCGで再現されたプライベートジェット機でシンガポールに向かうところからツアーがスタートする

眼前に広がるシンガポールの美しい景色眼前に広がるシンガポールの美しい景色

自然を身近に感じられる人気のオフィスビル「キャピタグリーン」自然を身近に感じられる人気のオフィスビル「キャピタグリーン」

アジアリートVRツアー ロゴアジアリートVRツアー ロゴ

 

  • アルファコードについて

高精細な8Kの実写VR映像の製作や、アプリ開発事業を行っている。

「技術」と「アイディア」をいくつも結びつけ、まだ世の中にない新しいサービスの創出に取り組んでいる。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る