【News】Kyashが新たなインセンティブプログラム「Kyashポイント」の提供を開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
ウォレットアプリ「Kyash」および決済プラットフォーム「Kyash Direct」を提供するKyashは、10月1日より、新たなインセンティブプログラム「Kyashポイント」の提供を開始する。

 

  • Kyashポイントについて 

リアルカードを持っている人は決済金額の1%(一部除く)がKyashポイントとしてリアルタイムに付与され、1ポイントからKyash残高へチャージでき、お買い物や送金に使えるようになる。

<Kyashポイントの特徴>
・100円につき1ポイントが付与される。
・リアルタイムにポイントが貯まる。
・1ポイント=1円としてKyash残高にチャージできる。

<対象取引と還元率>
リアルカードを有効化済みの人
・対象となる取引:オンライン決済または実店舗決済
・対象外となる取引:QUICPayによる決済、その他一部の取引
・還元率:決済金額の1%(小数点未満切り捨て)

バーチャルカードのみ発行の人
・対象となる取引:オンライン決済
・対象外となる取引:QUICPayによる決済、その他一部の取引
・還元率:決済金額の0.5%(小数点未満切り捨て)

Kyashポイント開始に伴い、これまで提供してきた「2%キャッシュバック」は2019年9月30日をもって終了する。

  • キャッシュレス・消費者還元事業対象期間中の還元について

10月1日よりキャッシュレス・消費者還元事業がスタートし、対象期間中に対象加盟店で決済すると5%または2%のポイント還元が受けられる。
Kyashを利用いただいた場合は、通常のKyashポイント1%に加えて、さらに5%または2%の消費者還元ポイントが上乗せされる。

この機会に、Kyashを利用したキャッシュレス決済を活用したい。

  • 今後の展開 〜 チャレンジャーバンク*へ 〜

Kyashは今後、決済領域からサービスの枠を広げチャレンジャーバンクを目指していく。
そのために、まずは決済領域においていつでもどこでも安心して使えることを重視し、そして新たなライセンス取得によるバンキングサービスの提供を予定している。
Kyashはユーザーのライフスタイルに寄り添ったサービスの提供を行っていく。

*銀行免許・カード発行権(または類する免許:日本では資金移動ライセンス等)を自社で保有し、各種金融サービスを提供するFintechを指す

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る