【News】マイボイスコムが『ネット証券の利用』に関するインターネット調査を実施

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

マイボイスコムは、21回目となる『ネット証券の利用』に関するインターネット調査を2019年8月1日~5日に実施し、10,029件の回答を集めた。
【調査結果】

◆インターネットでの株式売買の経験
インターネットで株式の売買をしたことがある人は3割である。現在売買している人は22.0%、男性40代以上では各3割となっている。

◆インターネット取引をしたことがある証券会社
インターネットでの株式売買経験者が取引したことがある証券会社は(複数回答)、「SBI証券」が36.8%、「楽天証券」が28.6%、「野村證券」「マネックス証券」が各2割弱である。「SBI証券」は、男性30代で比率が高くなっている。

◆インターネット取引による投資資金の変化
インターネットでの株式売買経験者に、直近1年間の投資資金の変化を聞いたところ、増加した人は3割弱である。2017年調査と比べて減少しています。投資資金が減少した人は3割、「ほとんど変わらない」は3割強である。

◆インターネットでの株式売買の利用意向
インターネットでの株式売買の利用意向は26.8%、「利用したい」が13.8%、「まあ利用したい」が13.0%である。利用意向は男性で高く、男性3割強、男性30・40代では各4割弱となっている。現在インターネットで株式売買している人では9割、過去経験者では3割強、未経験者では約7%である。

◆インターネットでの証券取引時の重視点
インターネットでの株式売買意向者が、証券取引時に重視することは(複数回答)、「取引手数料が安い」が70.8%、「口座開設などの手続が簡単」「セキュリティが信頼できる」「取引ツールが使いやすい」が各3割となっている。

──<< 回答者のコメント >>───────────────────
◆その証券会社で主にインターネット取引をする理由 (全4,259件)
『SBI証券』
・利用料金が安い。商品の情報が豊富。必要以上のメールなどが来ない。コールセンターがあること。セキュリティがしっかりしていること。(女性66歳)
・手数料が手頃。提携の住信SBIネット銀行が使いやすい。IPOの取扱が多く、ポイントプログラムがある。(男性41歳)
・口座開設するとキャッシュバックされるキャンペーンをやっていたから。売買手数料が業界トップクラスだから。(男性61歳)

『楽天証券』
・投資信託の品ぞろえが豊富なことと、楽天銀行での優遇措置があるため。(男性63歳)
・楽天のポイントで投資が出来る。楽天カードで投資ができ、ポイントが貯まる。(男性57歳)
・勧誘、営業がないこと。手数料が安いこと。インターネットツールが充実していること。システムが安定していること。ユーザーサポートが充実していること。(男性78歳)

『マネックス証券』
・手数料が比較的低く、情報サービスなども充実。(男性52歳)
・株式投資を勉強したインターネットサイトで紹介・おすすめされていたから。(男性42歳)
・こまめな情報の提供、売買の敏速さ、残高確認、検討したい銘柄など使いやすいし利用しやすい。(女性66歳)

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る