【News】日本クラウドキャピタルが新たに「ファンディーノ型新株予約権」のサービスをスタート

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

日本初!国内取引量No.1 株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」を運営する 日本クラウドキャピタルは、新たに、ベンチャー企業が、新株予約権を利用して資金調達できる‟ファンディーノ型新株予約権“のサービスをスタートする。‟ファンディーノ型新株予約権“による1号案件は9月10日に事前開示をしている。これにより、ファンディーノは普通株と新株予約権の2種類を取り扱う、株式投資型クラウドファンディングのプラットフォームとなった。

 

◆‟ファンディーノ型新株予約権“について
個人投資家は、ファンディーノを通じてベンチャー企業の‟ファンディーノ型新株予約権“を購入することができる。日本初の金融商品である“ファンディーノ型新株予約権”は、スタートアップ企業に共感するファン投資家を増やしたいという思いを込めてリリースしている。

◆個人投資家ファーストの優しい設計
1)投資機会の多様化:
“ファンディーノ型新株予約権”でベンチャー企業が抱える様々な資金調達ニーズに対応することで、日本クラウドキャピタルでは投資家の皆様に今までよりも一層幅広い企業を多数ご紹介することが可能になる。

2)個人投資家保護の強化:
M&A時に普通株式の株主より優先的に買収金額を分配される設計とし、ダウンバリュエーションによるM&Aに対するリスクヘッジをしている。

3)情報開示:
“ファンディーノ型新株予約権”の購入では、株主とはなりませんが、株主同様ベンチャー企業の決算情報等を定期的に受け取ることが可能な設計にしている。

◆なぜ今、“ファンディーノ型新株予約権”なのか?
多様化・大型化する資金調達ニーズに対応するためである。近年、日本からGAFAのようなユニコーン企業を誕生させるべく、ベンチャー企業へのリスクマネー供給は活況となっている。しかし、VCや事業会社からの出資はIPOが視野に入ってくるフェーズ(ミドル〜レイター期)が多く、創業直後のフェーズ(シード〜アーリー期)の資金調達ニーズは、エンジェル投資家という限られた資産家により支えられており、まだ満たされているとは言えない。そんな中、株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO(ファンディーノ)」は、創業直後のフェーズのベンチャー企業を中心に活用がされており、開業以来、2年半で取引量22億円を突破。業界トップの実績を重ねてきた。そして、ここで今、より様々なベンチャー企業の資金調達ニーズに対応すべく、“ファンディーノ型新株予約権”による資金調達方法を開発しローンチいたしました。この新しいサービスにより、他の資金調達手段との併用が容易になり、あらゆる成長フェーズ・タイミングでの活用が可能となる。バラエティ豊かなベンチャー企業への投資機会を創出することで、個人投資家のさらなる期待に応えるることもできると考えている。

◆株式投資型クラウドファンディング“FUNDINNO“概要
日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスのプラットフォームである“FUNDINNO”は、1口10万円前後の少額から、IPOやバイアウトを目指す企業の株式に投資することができ、投資後も投資先企業からのIR情報を定期的に確認することができる。株主になるため、リターンはもちろんだが、未来あるベンチャー企業の事業成長を一緒に確認することができる新しい投資体験も可能である。また、利回り・返礼等の具体的内容を求めるものではないが、その代わり株主のメリットとして、企業価値の上昇等による利益を長期的に狙えるのが他のクラウドファンディンサービスとの違いとなっている。(※ この記載は株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOにおける普通株式への投資に関して述べた文章で、FUNDINNOで行う新株予約権の内容を記載したものではない。)

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る