【News】ミュゼプラチナムがF1層に老後資金や保険、介護についてリサーチ

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
世界トップクラスの平均寿命を誇る日本。特に女性の寿命は平均87歳と、男性の81歳を上回り、今後さらに伸びていくことが予想されている。100歳まで人生が続く「人生100年時代」を迎えようとしている今、気になるのは老後の生活。金融庁による「老後2000万円報告書」をめぐりさまざまな議論もなされるなか、F1層は自身の老後についてどのように考えているのか、全国864人に意識調査を実施した。
<トピックス>
~老後問題編~
■9割近くが老後の暮らしは「不安」「とても不安」と感じている
■「老後2000万円報告書」に対して「貯蓄できる」と思う人はわずか3%
■個人年金保険は6割が未加入。その他の保険は医療保険が1位<トピックス>
【調査概要:老後問題編】
■調査日   :2019年7月18日~2019年7月24日
■調査方法 :インターネット調査
■調査人数 :864名
■調査対象 :全国20~34歳の女性

■9割近くが老後の暮らしは「不安」「とても不安」と感じている
老後の暮らしと聞いて感じるのは、「不安」が53%、「とても不安」が36%と、合わせて89%もの人が不安を抱いていた。不安要素を聞くと、「貯蓄(17%)」が1位、「年金(16%)」が2位だった。
豊かな老後を送るために最も必要なものを聞くと、「お金(56%)」が半数以上を占め、やはり資金の問題が大きいようである。また、「健康(29%)」も挙がりました。
しかし、老後の健康のために取り組んでいることについて聞いてみると、「特になし(20%)」がトップ。あとに続いたのは「バランスの良い食事(19%)」「充分な睡眠を確保する(15%)」「ウォーキングなど軽い運動(14%)」で、何もしていない人もいる一方、老後の健康のために行動している人もいた。

「自身の老後はどのような生活になると思われるか?」の質問では、「平凡な暮らし(36%)」が1位。2位は「貧困」「いまと変わらない」が16%で並んだ。
一方で、老後の楽しみには「旅行(26%)」「趣味(22%)」が挙がり、「グルメ(15%)」「孫の世話(13%)」も。老後に住みたい場所は「故郷」が45%で1位。2位には「地方(21%)」が入るも、僅差で「都会(17%)」が続いた。

■「老後2000万円報告書」に対して「貯蓄できる」と思う人はわずか3%
老後の貯蓄について、さらに踏み込んで聞いてみた。金融庁の金融審議会が公表した「夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦は、年金だけだと毎月約5万円の赤字で、死ぬまでに1300万円~2000万円が不足する」という報告書。
それについてどのように思うか質問したところ、「貯蓄は難しい」が55%、「貯蓄できない」が27%。一方で「貯蓄できる」はわずか3%だった。

■個人年金保険は6割が未加入。その他の保険は医療保険が1位
国民年金が揺らぐなか、「個人年金保険」加入の有無については「加入していない」が60%で浸透率はまだ低そうである。加入者のなかでは「終身年金に加入している」が13%で最多だった。
その他の保険について尋ねてみると、「医療保険」が35%で1位。「死亡保険(16%)」「がん保険(15%)」もまずまずの加入率だった。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る