【News】リエールファクトリーがキャッシュレスマップアプリ「AI-Credit」をリリース

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
キャッシュレスを促進するメディアを展開しているリエールファクトリーでは、コード決済をはじめとするキャッシュレス決済可能なお店を検索し、同時に17,108通りの支払い方法の中から最大限ポイント還元される方法を選んでくれるキャッシュレスマップアプリ「AI-Credit」をリリースした。
iOS版に続きAndroid版が8月21日に配信開始され、ダウンロードが急増している。

 

【消費増税直前、増税前に駆け込み購入を!と焦っていませんか?】
いよいよ10月1日に始まる消費増税。2%の増税を前に駆け込み購入や買いだめを、と焦ってしまいますが、少し待ってほしい。増税に合わせて始まるキャッシュレス・ポイント還元制度を上手く活用すれば、増税分2%以上お得に買い物をする事も可能である。
日本を快適なキャッシュレス社会にする事を目指し誕生したキャッシュレスマップアプリ「AI-Credit」は、キャッシュレス決済可能な店選びや1番お得なキャッシュレス決済方法の選択を協力サポート。増税を前に、“ポイ活(ポイントを集める活動を楽しむこと)”に励む主婦をはじめ、キャッシュレス決済を便利に利用したい人などからダウンロードが急増している。 ※上記グラフ参照

 

【決済サービスごとにお店の検索が出来る「キャッシュレスマップアプリ」】
アプリでは、どんな支払い人をするとお得になるか、地域や駅名・店名を入れるだけで地図上に一斉表示される。北海道から沖縄まで約168万店舗(9月5日現在)で、現金以外の支払い可能な方法を瞬時に確認できる。

【何Payが一番お得?多様な決済方法の中から最適な決済方法を瞬時に表示】
2019年4月1日現在、QRコード決済は13通り、クレジットカード決済は1316通りもあり支払い方法のパターンは17,108通りに及びます。スマホ決済も乱立する中、どの決済サービスをどのように使用すればお得になるのか、情報収集するには時間と労力が必要で情報収集コストがかかる事態に。情報を把握しきれず、お得な情報を逃してしまうこともあります。そこで「AI-Credit」では、普段から自分が利用している決済サービスの中でどれをどのように使えば何%還元があるのか可視化する。それによって自分にぴったりの決済方法を瞬時に比較する事が出来る。

【口コミサービスで日々変化する最新情報も網羅】
検索結果には、ユーザーが口コミを書き込む事が可能なため、口コミグルメサイトのように最新情報が日々更新されていきます。個人店やキャッシュレス決済を始めたばかりの店の情報もユーザーによって補完されていくため、タイムリーに最新情報を得ることが可能である。将来的にはビッグデータを活用し、キャッシュレス社会促進な向けた新たなサービスも展開予定である。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る