【News】大和財託が「老後資金の準備に関する意識調査」を発表

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

資産運用プラットフォーム事業を展開する大和財託は、 東京・大阪・愛知のミドル世代30~50代のビジネスパーソン540名・定年退職者150名を対象とした、「老後資金の準備に関する意識調査」を発表した。

2019年は1999年に日本銀行がゼロ金利政策を導入してから20年が経過する。3年前の2016年には、日本銀行がマイナス金利政策を導入し、いま日本は超低金利時代に突入している。銀行に預金したところで満足な運用効果は期待できず、タンス預金では資産運用にすらならない。さらには、マイナス金利政策の影響で個人向け国債や投信など、多くの金融商品が運用難に陥っているのが現状となっている。
そこで、大和財託では、東京・大阪・愛知のミドル世代30~50代のビジネスパーソン540名・定年退職者150名に老後資金の準備に関する調査を行いました。以下が調査結果となる。

= 調査概要 =

■調査方法 :インターネット調査
■調査期間 :2019年8月6日~8月7日
■対象者 :30~50代のビジネスパーソン: 540名
定年退職者:150名/合計690名
■調査ツール :楽天インサイト
■調査対象地域 :東京・大阪・愛知
※本リリース内容の転載にあたりましては、
出典として「大和財託調べ」という表記をお使い頂けますようお願い申し上げます。

  • 【TOPICS①30代~50代の実態】

30~50代のビジネスパーソンのうち、貯蓄・投資などの対策をしている人は71.7%!
個人貯蓄が500万円以上ある人は30代で26%、40代で27.4%、50代で38.4%

ビジネスパーソン540名に現在行っている将来設計に向けた貯蓄や投資などの対策について伺うと、第1位「定期預金(44.1%)」第2位「定期・終身保険(30.0%)」、第3位「何も行っていない(28.3%)」という結果に。 TOP3とも、低金利の今ほとんど増えることがない守りの資産であり、消費税増税や物価上昇に向けた増やす対策をしている人が少ないということが分かった。
また、個人の貯蓄額が500万円以上ある人は世代別で、30代で26%、40代で27.4%、50代で38.4%との結果になり、30・40代ではあまり差がなく、50代では老後に向け増加した。

82.9%のビジネスパーソンが貯蓄・資産運用をする理由は「老後の生活費」のためと回答!
また、セカンドライフの予定は「趣味・娯楽、友人と遊ぶ」が4割以上を占めており、ゆとりある老後を送るためには余裕を持った資金の準備が必要であると判明!

将来お金がかかることを見据え、貯蓄・資産運用を行っているビジネスパーソンは8割以上にも上りました。
また、ビジネスパーソンが定年退職後セカンドライフをどのように過ごそうと考えているかに関しては、「趣味・娯楽、友人と遊ぶ」が42.3%、「その他(家族と過ごす・どうしたらいいか分からない等」が57.7%となり、ゆとりある老後生活を送るためには余裕を持った資金の準備が必要であると判明した。

  • 【TOPICS②退職シニアの実態】

リアルな老後の生活資金源は、約半数の人が公的年金頼りと判明!
定年退職者の約8割が退職前と比較し生活水準が下がったと回答。うち70代男性は2人に1人が「若い時に老後の生活について真剣に考えるべきだった」と後悔している傾向に!?

定年退職者150名に退職後の生活資金源を伺ったところ46.7%は公的年金、18.3%は貯蓄、8.3%は資産運用という結果になった。やはり、公的年金に頼り生活している人が約半数いらっしゃり、今後年金資金が減少すると予想されている今、早めの対策が必要となりそうである。
また、定年退職者の79.3%が退職前に比べ生活水準が低くなったと感じており、うち70代男性は2人に1人以上の57.2%が「退職前に老後の生活に備えて対策や準備を行っていなかったことを後悔している」という結果が出た。

退職シニアが何もせずに過ごす時間は1日平均2.5時間!
1年に換算すると913時間にも及んでおり、老後の過ごし方に迷う“ひまいご(暇×迷子)シニア”が増加!

定年退職者の1日の生活に費やす時間の内訳は、「趣味・娯楽」が最も多く3.81時間、「特に何もしない」は2.51時間、家族との団らんが1.62時間となった。勤めていた人が退職し、急に家にいるとなると、何をしていいのか分からず「特に何もしない」時間が1日2.5時間もでき、老後の過ごし方に迷っている“ひまいご(暇×迷子)シニア”が増加している。

  • 【TOPICS③不動産投資に対する興味関心の高さ】

30代ビジネスパーソンの4割以上が不動産投資に興味があると回答!
昨今の「老後資金2000万円問題」により、若い世代に運用への関心が高まっている!?

不動産投資に興味・関心がある世代は、1位が30代で43.3%、2位が40代で26.6%、3位が50代で22.2%と若い人ほど興味がある傾向に。新聞・ニュース等で老後資金の準備が2000万円必要と言われている今、若い人は将来を不安視しており、自ら対策を打たないといけないという認識がありそうである。

不動産投資や老後資金など将来設計に関するセミナーがあれば参加したいという人は10人に2.6人!
大阪の30代男性ビジネスパーソンは参加意欲が高い傾向に!

不動産投資や老後資金など将来設計に関するセミナーがあれば参加したいと回答した人は26.4%、10人に2.6人という結果になった。中でも東京・大阪・愛知の30代男性ビジネスパーソンでは、大阪が1位(46.7%)、東京が2位(43.3%)、愛知が3位で(40.0%)と大阪在住の30代ビジネスパーソンは投資意欲が高いという結果が出た。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る