【News】不動産投資クラウドファンディング「CREAL」がスタート8ヶ月で累計調達額20億円を突破

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
ブリッジ・シー・キャピタルは、クラウドファンディング型の1万円からできる新しい不動産投資「CREAL(クリアル)」を2018年11月にスタートし、8ヶ月間で総調達額20億円を突破、分配金総額2,500万円を超えた。これまで全[18]物件のファンドを組成してすべて満額調達を達成している。そのうち[5]物件については既にファンド運営を終了して投資家の皆様に元本を償還し、すべて予定利回りを達成している。

1万円から始められる不動産投資
すべてオンラインで完結する新しい不動産投資

「CREAL」は、株式でもREITでもソーシャルレンディング(貸付型)でもない新たな不動産投資の形を実現した。不動産投資に特化し、1口1万円から投資が可能で、申込や契約、分配金支払いなどのやりとりがすべてオンライン上で完結できるサービスである。

動画やイラストを豊富に使用し、投資に必要な情報を積極的に提供することにより不動産投資に透明性を持たせ、納得した上で投資申込をできることが、「CREAL」の大きな特徴の一つである。

また、今までの不動産投資商品とは異なり、ブリッジ・シー・キャピタルも投資家の皆様と一緒に投資をするという点も大きな特徴である。ブリッジ・シー・キャピタルも一緒に投資を行うが、リターンは投資家の皆様から先に分配し、売却時などに損失が発生した場合にはブリッジ・シー・キャピタルから先に損失を負担する仕組みとしており、投資家の皆様が安心して投資を行えるような配慮をしている。株式やREITとは異なり、投資元本評価がキャピタルマーケットに影響されず、価格変動が少ないことも特徴である。

投資で社会問題に貢献!
老後資金問題から注目が高まる新たな資産形成の形

人口減少や少子高齢化、待機児童問題にいち早く着目したのは、代表取締役社長横田の、銀行員時代に経験した老人ホームや病院といった不動産へのファイナンス業務から培った想いからだった。これらの不動産は少子高齢化を背景とした底堅い需要や安定したキャッシュフローが期待できるのにもかかわらず、投資対象としての歴史の浅さや投資規模が小さいといった理由等から機関投資家からの資金流入が進まないことに疑問を感じ、一般層から資金を集められる投資型クラウドファンディングを着想、「CREAL」を立ち上げた。

この想いから、社会に必要であるのにもかかわらずまだまだ民間の資金が流れ込んでいない社会インフラを投資対象とした商品を「CREAL」にて積極的に提供している。例えば、インバウンド需要の増加に対応した「第1号浅草ホテルファンド」、待機児童問題解消に貢献する「第9号駒込保育所ファンド」、地方の遊休資産をホテルへ再生する地方創生プロジェクトである「第16号千倉ホテルファンド」がある。

また、老後の資金が2千万円不足するとした金融庁審議会の報告書をめぐる議論を機に、資産形成やお金についての興味関心が非常に高まっております。「CREAL」は誰でも手軽に1万円から始められる不動産投資の機会を提供することにより、これまでの不動産投資に根付いていた投資上級者向けというイメージを一新、貯蓄から資産運用という流れを一層加速するきっかけを作っていきたいと考えている。

▼サービス実績
・第1号ファンド「ホテルアマネク浅草吾妻橋スカイ」8億8千万円調達完了
・第9号ファンド「さくらさくみらい駒込」4億5千万円調達完了
・第16号ファンド「ちくらつなぐホテル」2億3千万円調達完了
・第17号ファンド「リノ西落合」2億4千万円調達完了
・第18号ファンド「ラ・ペルラ池袋」2億9千万円調達完了
・都心レジデンス13案件 合計2億3千万円調達完了

都心レジデンスは、募集開始から数秒で調達完了する程の人気ぶりとなっており、2018年11月から総調達額20億円を突破し、2019年6月には「不動産特定共同事業許認可におけるクラウドファンディングサービス運用資産残高調査」にて資産運用残高No.1を獲得している。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る