【News】りそな銀行が「決済方法に関する実態調査」をインターネットで実施

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

りそな銀行は、キャッシュレス決済の高まりを契機として、「決済方法に関する実態調査」をインターネットで実施した。

今回の調査は、全国の20代~40代の男女1,200名を対象に実施。クレジットカード、電子マネー、スマートフォン(スマホ)決済、現金、デビットカードなどの「決済方法」について、利用実態を聞く調査を行った。

その結果、近年キャッシュレス化が進む日本において、買い物の際に何を重要視して「決済」方法を決めているかなど、意外な本音が見えてくる結果となった。主な調査結果は次ページ以下の通りである。

<「決済方法に関する実態調査」調査結果>
今回の調査の結果、目まぐるしい変化の中で生きる現代人は、日々の生活の中で「決済」を行う際も、新しい「決済手段」を検討する際も、「ポイント」が大事!ということが判明した。生活の“スマート”化や“ミニマル”なライフスタイルが進む社会の中で“時間“も”お金“も“お得”に“無駄なく”という考え方の「スマートペイメンター」が急増しているようである。また、キャッシュレス決済手段のうち、最も満足度が高いのは「デビットカード」ということも判明した。

「ポイント」が大事!“時間“も”お金“も“お得”に“無駄なく”という「スマートペイメンター」がトレンド
決済方法を決める際に重要視しているのは1位「ポイントが貯まる(72.9%)」、2位「支払いがスムーズにできる(68.3%)」、「手数料などの費用がかからない(42.5%)」

日本人は「ポイント」至上主義!?備えてほしい機能も「ポイント」がナンバーワン!
利用頻度が高い決済方法ついて、どのような機能やサービスがあれば嬉しいかを調査したところ、「ポイントが貯まる」が76.8%でナンバーワン。

キャッシュレス決済手法の満足度は「クレカ」や「スマホ決済」を抑えて「デビットカード」が総合1位
「クレジットカード」、「スマホ決済」、「電子マネー」、「デビットカード」それぞれの決済方法の満足度を10項目で比較した満足度調査では、「決済の簡便さ」や「残高や利用総額のわかりやすさ」をはじめ計8項目の満足度で「デビットカード」が1位となり、総合値でもNo.1となった。

満足度が高い「デビットカード」はユーザーの利用意向も高い!
「デビットカード」の利用頻度が高い生活者の8割以上(80.8%)が、今後さらに「デビットカード」を使う機会が増えると予想。

「キャッシュレス決済」において「各種カード」や「スマホ決済」の紛失、盗難トラブルは約9割が未経験。
「キャッシュレス決済」のツールとなる「各種カード」や「スマートフォン」の紛失、盗難は、それぞれのツールで約90%の生活者が「当てはまらない」と回答。

トラブル経験者からの「クレジットカード」や「デビットカード」への要望は再発行のスピード化? 
トラブル経験のある生活者からの「クレジットカード」や「デビットカード」への意見としては、「再発行手続きの後、手元に届くまで時間がかかった」という意見が、「クレジットカード(38.1%)」、「デビットカード(22.2%)」双方に対する1位の結果となった。

「海外」での決済方法は「現金」「クレジット」の併用が約7割。現金感覚で使える「デビットカード」だが、まだまだ知られていないのが実情!?
「海外旅行先(現地)」での決済方法は「現金」が73.4%でナンバーワン。2位は「クレジットカード」で69.4%という結果となった。海外ATMから現地通貨で預金が引出せたり、「クレジットカード」と同じように海外店舗で使用できたりする「デビットカード」だが、まだまだその実力を知られていない部分も多いようである。

<生活者の「決済方法」決定基準>

ポイントが大事!“時間“も”お金“も“お得”に“無駄なく”という「スマートペイメンター」がトレンド

◇過去1年間に一番利用した決済方法(クレジットカード/電子マネー/スマホ決済/デビットカード)について伺います。その決済方法にした理由について、当てはまるものをいくつでも選んでください。(n=800)単位:%

◇利用頻度が高い決済方法(クレジットカード/電子マネー/スマホ決済/デビットカード)について伺います。このような機能やサービスがあれば嬉しい、助かる、と思うことはありますか。当てはまるものをいくつでも選んでください。(n=800)単位:%

<「デビットカード」の満足度>

キャッシュレス決済手法の利用者満足度は「デビットカード」が総合ナンバー1
「満足度」が高い「デビットカード」はユーザーの再利用意向も高い!

◇利用頻度が高い決済方法(クレジットカード/電子マネー/スマホ決済/デビットカード)についてお伺いします。各種項目にどの程度満足しているか。(n=800)単位:%(「満足している」という回答の10項目平均値)

(10項目=①契約手続き/②サービス利用開始時間/③利用可能店舗・サービス/④決済手続き/⑤利用上限/⑥残高・利用金額のわかりやすさ/⑦セキュリティ面/⑧紛失・盗難時リスクの低さ/⑨紛失・盗難時の停止手続き簡便さ/⑩停止手続きから再度使用の簡便さ)

◇今後デビットカードを使う機会が増えると思われるか。(n=400)単位:%

<キャッシュレス決済」のトラブル>

「キャッシュレス決済」において「各種カード」や「スマホ決済」の紛失、盗難トラブルは約9割が未経験。トラブル経験者から要望は再発行のスピード化? 

◇各種カードやスマートフォンをなくしたり盗まれたりしたことはありますか。(n=表内記載)単位:%

 

◇「クレジットカード」の紛失・盗難にあった人がその際に困ったこと。(n=97)単位:%

◇「デビットカード」の紛失・盗難にあった人がその際に困ったこと。(n=27)単位:%

<現代人(日本人)の海外旅行先での「決済方法」>

「海外」での決済方法は「現金」とクレジットカード併用が約7割。
現金感覚で使える「デビットカード」だが、まだまだ知られていないのが実情!?

 

◇海外旅行先(現地)では、どのような決済方法を取りましたか。(n=497)単位:%

<調査概要>
■調査主体
りそな銀行
■調査方法
インターネットによるアンケート調査
■調査期間
2019年8月3日(土)~8月4日(日)
■調査回答者
全国47都道府県の20歳~49歳男女1,200名

※ 各図・表内の(SA)、(MA)、(FA)、(n)はそれぞれ以下を表している。
(SA):選択肢から1つを選択する回答形式、(MA):選択肢から複数の選択を可能にする回答形式、(FA):自由回答形式、(n):質問への回答者数
※ 数値については、小数点第 1 位までの掲載としている。
※ 回答結果はパーセント表示を行っており、小数点以下第2位を四捨五入して算出しているため、各回答の合計が100%にならない場合がある。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る