【News】イーデザイン損保の「自動車保険1クリック概算保険料見積もり」が2019年度グッドデザイン賞を受賞

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
イーデザイン損害保険の「自動車保険1クリック概算保険料見積もり」が、公益財団法人日本デザイン振興会主催の「GOOD DESIGN AWARD2019」において、2019年度グッドデザイン賞を受賞した。ネット自動車保険では初めての受賞となる。

 

これまで、正確な保険料(掛け金)の見積もりには約30クリックを要していましたが、ユーザー調査によって「まずは概算を知りたい」という多くのお客さまの声をいただいたことを受け、すべての質問に回答しないと保険料見積もりができないという保険の常識を見直し、「自動車保険1クリック概算保険料見積もり」を開発した。
直感的に回答できる項目に絞り込むことで、手元に保険証券や車検証がなくても、時間・場所を問わずに、1クリックで概算見積もりができる新しい顧客体験を創出した。
また、概算保険料の算出にあたっては、ネット自動車保険のお客さまの利用車種や契約を分析し、本見積もりの際に大幅な乖離が生じないよう、工夫を行った。
イーデザイン損保は、今後もネット自動車保険をデザインしなおすことを標榜し、真のFintechを追求していく。

◆グッドデザイン賞審査委員の評価コメント
詳細な情報入力や登録をせずこれまでの数十分の1の手間で大まかな金額が表示され、見積もり数だけでなく契約率を大幅に伸ばした実績はユーザーの課題を解決したことを示している。またその実現のために業界の常識を見直した取り組みとしても評価された。一方で見積もり額のズレもユーザーの許容範囲に抑えられており総合的な企業努力が感じられる。

◆グッドデザイン賞とは
グッドデザイン賞は、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「総合的なデザインの推奨制度」である。1957年に通商産業省(現経済産業省)によって創設された「グッドデザイン商品選定制度(通称Gマーク制度)」を継承し、以来60年にわたり実施されており、Gマークは「良いデザイン」の指標として、その役割を果たし続けている。

◆イーデザイン損保とは
イーデザイン損保は、東京海上グループのネット損保である。
東京海上グループの100年を超える経験と実績で、お客さまに「確かな安心」を届ける。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る