【News】プレミアムバリューバンクが不動産投資型クラウドファンディングサービス「ASSECLI」を開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
プレミアムバリューバンクは、「不動産投資は多くの費用がかかるし、運用が難しそう。もっと手軽に行えないか?」との要望に応え、不動産投資型クラウドファンディングサービス「ASSECLI(アセクリ)」を開始した。
これまでプレミアムバリューバンクは、投資用不動産を中心に1,000件以上の取引実績があるが、不動産投資は不動産の情報収集・銀行からの融資・賃借人の募集・建物の管理などが必要であり、初心者の人にはハードルが高い商品だった。
そこで、不動産投資をもっと身近に資産運用の一つとして活用してもらえないかを考え、手軽な投資法であるクラウドファンディングと不動産投資を掛け合わせた、「アセクリ」の開発に至った。

▼「アセクリ」のサービス概要
「アセクリ」は、一般投資家からインターネット上にて広く出資を募り、投資用不動産から得た収益を投資家に分配する、不動産投資型クラウドファンディングである。不動産から得られる収益は、主に賃料と売却益になる。プレミアムバリューバンクは出資された資金を基に不動産事業(ファンド)を運用。各ファンドには想定分配率が設定されており、プレミアムバリューバンクはその分配率に達するよう、不動産の取得・管理・売却までを実施する。

▼「アセクリ」は貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)と何が違うのか
不特定多数の投資家から出資を募り、不動産会社などの専門家が出資金をもって不動産の賃貸・売買を行い、その収益を出資者に分配する事業を「不動産特定共同事業」と言う。この「不動産特定共同事業」を行うには、「不動産特定共同事業法」の許可が必要であり、不動産に関するより専門的な知識と社内体制が求められる。
プレミアムバリューバンクは不動産特定共同事業法の許可を取得しており、事業主として、責任をもって法律に則り不動産事業を運用する。ここが出資金を貸し付けて運用する貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)と大きく異なる点になる。

▼「アセクリ」の特徴 

1.1口1万円から始められる
2.ネットで行う不動産投資
3.面倒な建物管理や売買はプレミアムバリューバンクが実施
4.投資家の元本の安全性を考慮した優先劣後方式を採用

1.1口1万円から始められる
最低出資額は1万円から。1万円でマンション・ホテル・商業施設などの不動産へ投資が可能である。

2.ネットで行う不動産投資
投資対象の物件情報は全て「アセクリ」に掲載。所在地・築年数・設備仕様・管理状態など、豊富な情報を全て自身で確認できる。また、通常は紙で行う契約書の締結も「アセクリ」内で完結できる。ポートフォリオも一目でわかり、ネットで行う不動産投資である。

3.面倒な建物管理や売買はプレミアムバリューバンクが代行
これまでの不動産投資は、契約から建物の管理までを自身で判断し行う必要があった。また金額も大きくリスクも伴うため、一般的に、「怖い」・「面倒」といった印象が持たれているが、「アセクリ」においてはこれらの問題を解消。運用は全てプレミアムバリューバンクが行うので、投資家は出資の可否を判断したい。

4.投資家の元本の安全性を考慮した優先劣後方式を採用
不動産事業においては、不動産評価の下落・空室の発生などの要因により損益が発生する場合もありますが、投資家のリスクを考え優先劣後方式を採用。投資家が優先出資者、プレミアムバリューバンクが劣後出資者となり、利益が生じた場合は優先出資者から優先的に分配し、損益が発生した場合は劣後出資者から負担する、投資家の元本の安全性を考慮した商品となっている。

▼今後の展望
クラウドファンディング市場は近年急成長を遂げており、需要に対し供給が追い付かない状況にあります。
近日中に第1号目となるファンドを公開予定だが、マンション・ホテル・商業施設など、様々な商品を提供の予定である。
また、将来は地方創生などにも寄与すべく、中古不動産の再生案件など、地域社会に貢献できる商品を作っていく。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る