【News】貸付投資の「Funds」がM&Aクラウドと業務提携

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

1円から貸付投資ができる「Funds(ファンズ)」を運営するクラウドポートと10月7日付で業務提携契約を締結した。今後、M&A資金の調達ニーズがある企業を同社より紹介してもらうことで、Funds参加企業の拡充を目指していく。

■業務提携の主な内容
M&Aクラウド社が提供するM&Aクラウドは、買い手自身が社名と買収条件、買収実績をオープンにすることで、売り手は買収・出資条件から自社にあった買い手をリストアップして担当者に直接問い合わせができる業界初のサービスである。

M&Aクラウドを通じたM&A成約実績の流通総額は、2018年4月のサービス開始以降、約27億円に上っています(2019年9月時点)。買い手として登録している企業は136社あり、IT業種の上場企業の約10%が利用するサービスとなっている(2019年9月時点、M&Aクラウド社調べ)。
今回の提携により、M&Aクラウドが擁する事業買収に積極的な上場企業ネットワークとFundsが提供する貸付投資を通じた新たなファイナンス手段を掛け合わせることで、M&A市場の更なる活性化に貢献していく。

■「Funds(ファンズ)」の特徴
・ひとつの口座でファンド組成企業やテーマ別に簡単分散投資が可能
・ファンドの利回りは年率1.5~6%(予定/税引前)と「ミドルリスク・ミドルリターン」のものが中心
・1円単位での投資が可能
・当社の定める選定基準をクリアした企業のみが参加

■経営者略歴
代表取締役 藤田雄一郎:早稲田大学商学部卒業後、サイバーエージェントに入社。2007年にWEB構築、マーケティング支援事業を行う企業を創業し、2012年に上場企業に売却。2013年に大手融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)サービスを立上げ、2016年11月にクラウドポートを創業。

共同創業者/取締役 柴田陽:東京大学経済学部卒業。戦略コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー出身。店舗集客サービス「スマポ」、タクシー配車アプリ「全国タクシー配車」など、数々のヒットアプリを手がけ、3つの会社を創業・売却した経験を持つシリアルアントレプレナー。2016年11月にクラウドポートを創業。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る