【News】アスコムが累計70万部のベストセラー『3000円投資生活』の待望の最新刊を発売!

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
2016年ごろに小額投資ブームが始まり、今ではワンコインからでも投資できる時代である。
そのブームの火付け役となったのが、横山光昭さんの著書『はじめての人のための3000円投資生活』だった。
今まで投資とは縁のなかった若者から主婦、シニア層までを取り込んだこの本は、金利のつかない時代に貯金感覚で楽しみながらできる一番簡単な投資法として人気となり、シリーズで70万部を突破した。
最新刊『貯金感覚でできる3000円投資生活デラックス』は、いま、一番お得で、最新の貯め方&増やし方を紹介している。

 

『はじめての人のための3000円投資生活』の発売後、「投資に興味を持つようになり、資産が順調に増えている」という声を多数寄せられた。
それと同時に、投資を始めたことで支出の管理ができるようになった、毎月の赤字が黒字に変わった、買い物の仕方が変わった(無駄がなくなった)、節約より投資の人が楽しいと気づいた、などの声もありました。

しかし、それから3年が経ち、世の中の状況が大きく変わった。
今年の6月に金融庁が「老後資金は公的年金のほかに、一人当たり平均2000万円が必要である」と公表したことで、「2000万円」問題が起こったのは記憶に新しいところである。
老後に備えて、預金以外の投資によって自己資産を増やすことがますます必要な時代になってきている。

最新刊『貯金感覚でできる3000円投資生活デラックス』では、基本的なことから、おすすめの投資商品まで最新の情報を紹介している。
また、著者の横山さん自身が購入している投資信託情報も大公開している。

「貯金をしながら、できる範囲で投資をスタートさせること」。それが大切だと横山さんは述べている。

投資は本来、気長に取り組み、シンプルで気楽にできるものなのである。

「3000円投資生活」をすることで、現在のお金の状況を把握することができる。
お金を管理し、強い家計を作るために、まずはこの本を参考にスタートしたい

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る