【News】タンタカが貯金額・月収額に関するアンケート調査を実施

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

タンタカが運営するお金に関するメディア「お金のプロへのインタビュー」で500名を対象に貯金額・月収額に関するアンケート調査を実施した。

1番多かったのは、貯金額「100万円以上300万円未満」で21.2%、2番目は50万円以上100万円未満で13.2%、3番目は10万円以下で12.0%とい結果になった。

月収で1番多かった割合は、「10万円以上30万円未満」の48.0%で約半数となっている。

ひと月の貯金額で1番多かったのが「1万円以上5万円未満」、次が「1万円未満」だった。

他にも
・10代~20代の貯金額
・30代の貯金額
・40代の貯金額
・50代以上の貯金額
・雇用形態
・貯金している年数
などの調査結果を記事内で紹介しています。

詳しくは以下の記事へ。

<アンケート調査について>
調査目的:年収額と貯金額の関連を調べる
アンケート方式:選択式のWEBアンケート(選択式)
調査媒体:クラウドワークス
有効回答数:500
調査期間:2019年10月17日・18日の2日間
調査項目:
1.性別
2.年齢
3.家族構成
4.月収
5.雇用形態
6.貯金額
7.何のための貯金なのか
8.貯金を続けている年数
9.ひと月当たりの貯金額

<回答者の属性>
年齢割合:
10代~20代 26.0%
30代 36.6%
40代 26.6%
50代以上 10.8%

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る