【News】あすなろが20代〜80代の男女を対象に、「副業」に関する調査を実施

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

近年、働き方改革の影響からか副業を容認している企業が増えている。

実際に、厚生労働省が作成している「モデル就業規則」の中には、2018年1月の改定で副業や兼業を認めるガイドラインが記述された。
副業可能な企業が増えていく中で、どのように副業を始めどのように情報収集しているのか気になる。

そこで今回、あすなろは20代〜80代の男女を対象に、「副業」に関する調査を行った。

将来の生活が不安で副業に挑戦してみたい人や、実際の副業傾向を知りたいという方は、参考にしたい。

================================
【調査概要】
調査名   :「副業」に関する調査
調査対象:働いている20~80代の男女
調査人数:1,113人
調査日 :2019年10月15日(火)
調査方法:インターネット調査
モニター提供元:ゼネラルリサーチ
================================

  • 容認企業は年々増加、3割超えという結果に

まず、「現在勤めている会社は副業をしてもOKであるか?」という質問をしたところ、『はい』という回答は36.3%『いいえ』という回答は63.7%という結果になった。

本業に支障が出ないことが前提ではあるものの、副業を認めている会社は意外にも存在する。

「2019年4月の働き方改革関連法を踏まえ、副業が解禁になった。人手不足を背景とした、ダブルワークや残業規制による、個人の収入減を補い個人の収入をアップさせる狙いがある。これを踏まえ今後副業解禁を導入する企業は益々増えてくると思われる。」と元厚生労働省OBで現在はヒューマンリスクマネジメント代表の田岡春幸氏は語る。

 

  • 副業している人の3割以上が株式投資を行っていると判明

続いて、「副業をしているか?」という質問をしたところ、『している』という回答は約2割という結果が出た。副業解禁している企業は増えてはいるものの、実際に副業している人は少ないようである。

では、副業をしている人はどのような副業をしているのだろうか。

 

次に、副業をしている人を対象に、「どのような副業をしているか?」という質問をしたところ、『株式投資(31.4%)』という回答が最も多く、次いで『ライターやアフィリエイター(18.2%)』『YouTuber(7.3%)』となった。

意外にも資産運用を副業としている人が多いことが判明した。スキル、経験がなくても気軽に始められるのがポイントなのかもしれない。

  • 副業を始めたきっかけは●●だった!?

「副業を始めたきっかけを教えてください。」という質問をしたところ、『なんとなく(40.5%)』という回答が最も多く、次いで『知人の紹介(31.8%)』『広告を見て(21.8%)』と続いた。

自分から狙って動いたというよりは、興味本位で始めている人が多いようである。

パソコンやインターネットが普及した今、どこからでも情報を仕入れることが可能になった。
その結果、「なんとなく」始めた投資やライター・アフィリエイトが、お金になりそのまま副業にしてしまっているのではないだろうか。

  • 副業の開始に踏み切れていない理由とは…!?エピソードを一挙大公開!

副業をしていない人は、もし副業を始めるとしたらどのようなことに挑戦してみたいのだろうか。

そこで、「副業を始めるとしたらどのようなことに挑戦したいであるか?」と質問したところ、『副業は考えていない(61.0%)』という回答が最も多く、次いで『株式投資(20.0%)』『ライターやアフィリエイター(7.9%)』という結果になった。

副業を考えていない人が多く集まる結果となったが、 もし副業するのなら「株式投資」 を選択している人が多いようである。

■副業の開始に踏み切れない理由とは…!?
・「仕事と副業の両立がうまくできる自信がない 」(東京都/30代/女性)
・「何から始めればいいか分からない…」(千葉県/40代/女性)
・「成功する予感がしない」(東京都/40代/女性)
・「副業を開始する知識・技術もないし、怖い」(大阪府/50代/男性)

  • 副業に関する情報収集はWEBと知人が8割を占める結果に

これから副業が当たり前になっていく時代で特に気をつけたいのが、情報の見極めではないだろうか?
誤った情報によって詐欺に合ってしまうケースも少なくない。

副業開始に踏み切れない人の声にもあったように、副業に対して「怖い」というイメージを持っている人もいる。
実際に、どのようにして”正しい情報”や”信頼しても良い情報”を収集すればいいのか、気になる。

そこで、「副業に関する情報収集はどのように行っているか?」と質問したところ、『WEB(54.1%)』と回答した人の割合が最も多く、次いで『知人(26.8%)』『SNS(7.3%)』『セミナー(2.7%)』と続いた。
副業をしている人はSNSの情報をあまり信頼していないと言えそうである。

WEBからの情報やその分野に詳しい知人の知識を参考に副業を行っているようである。
また、ライターやアフィリエイトよりも、情報が整っていれば、株式投資などの資産運用に興味・関心が高いことが判明した。

  • 4割以上の人が資産運用を副業として検討していると判明!

最後に、「副業として資産運用という選択肢を検討しますか?」という質問をしたところ、4割以上の人が『はい』と回答した。

資産運用は、本業以外の収入源がほしい人や今ある資産を増やしたい人におすすめな手段の一つである。

ライターやアフィリエイターの場合、作業の時間に追われてしまうことが考えられる。
資産運用の場合、本業に支障が出にくいというのも魅力的なポイントの一つである。

投資という賢い方法で副業を検討している人はこれからも増加していくだろう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る