【News】クリプトリンクが暗号資産全体のポートフォリオを確認できる機能を提供開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
仮想通貨・暗号資産の収支計算・管理プラットフォームを開発・提供しているクリプトリンクは、仮想通貨・暗号資産のポートフォリオをリアルタイムに確認できるようにするため、各取引所とのAPI連携機能並びにウォレットアドレスからのデータ自動取得機能を提供する。
今までは各取引所から取得できる明細ファイルを元に日次での保有量を計算してポートフォリオを表示させていたが、API連携やウォレットアドレスからのデータ自動取得を行うことで日々の残高情報を自動取得し、複数の取引所・ウォレットに保有している暗号資産を合計し、リアルタイムにより近いポートフォリオの確認が可能となる。

■提供の背景
仮想通貨の取引所では、自社の取引所内での資産の情報はリアルタイムで確認することが出来るが、複数取引所をまたいで暗号資産を保有していたり、ウォレット等に暗号資産を移している場合、全体を通しての資産の状況を管理・確認することが困難な状況である。
また、クリプトリンクでは2017年から仮想通貨の収支計算サービスを各提供所から取得できるCSV等のファイルを用いて行ってきましたが、取引所から取得できるファイルを利用して収支計算を行う形式だと、現状の資産の状況を確認するためにファイルを取得してアップロードする必要があり、資産状況の管理を行うことに大きな手間が発生していた。
そこで資産状況をリアルタイムに簡単に収支の把握をおこなっていただけるため、各取引所とのAPIの連携機能をリリースする。

■サービス内容
お客様がお使いの取引所が発行しているAPIキーならびにシークレットキーを安全な形、安全な場所にてお預かりして、お客様に代わり弊社にて毎日残高情報をチェックする。
このようなサービスのことを「アカウントアグリゲーション」といい、家計簿アプリや会計ソフトなどの事業者の一部で使われているものになる。
現時点では日次の残高情報のみの対応だが、今後は取引履歴等も取得できるようにし、ファイルアップロード不要で収支計算ができるように機能を拡張させていく予定である。

■対応取引所・ウォレット
現状の連携可能取引所・ウォレットは16か所・種類
対応取引所:coincheck,bitFlyer,bitbank,BINANCE,Liquid,GMOコイン,BTCBOX,Zaif,FISCO,BITTREX,FCOIN,POLONIEX
対応ウォレット:ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップル
※連携取引所並びにウォレットは順次追加してまいります。

■連携方法
上部メニューの「ポートフォリオ」を選択し、「データ連携」をクリック

表示された画面の連携をしたい取引所を選択してAPI情報を登録します。

 

連携したい取引所を選択したら、各取引所のAPIの情報を登録。

 

※連携するAPIキーは基本的には「参照権限」のみ。
参照権限のみのAPIの作成方法は弊社提供のFAQを参照すること。

連携が完了するとメニューの【TOP】と【ポートフォリオ】にポートフォリオが生成される。

TOPページでは、
暗号資産すべての日本円の評価額と併せて、通貨ごとの保有数、評価額、前日比と、各取引所毎の通貨の保有状況が確認できる。

ポートフォリオページでは【資産構成】と【資産推移】が確認できる。

【資産構成】ではCryptoLinCにAPI連携した取引所・ウォレットにて所持している各通貨の取引所毎の保有数量、評価額が確認できる。

【資産推移】ではCryptoLinCにAPI連携した取引所・ウォレットにて所持している各通貨の評価額推移が確認できる。

APIの連携が完了すると、自動でデータを取得しますので、ポートフォリオデータの更新を行うだけで最新のポートフォリオデータの確認ができる。

今後は、資産のリアルタイムの確認ができることと併せて、ボタン一つで自動で収支計算が行え、確定申告や仕訳作成などの作業の効率化を図れるよう開発を進めていく。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る