【News】カンムが「駆け込み消費」に関する事後アンケートを実施

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
カンムは、運営するキャッシュレス決済サービス「バンドルカード」のユーザーを対象に、2019年10月の消費税率引き上げを前にしたお買い物動向、いわゆる「駆け込み消費」に関する事後アンケートを実施した。

回答の概要は以下のとおりである。

  • 8割以上が駆け込み消費せず。「無駄遣いしそう」「急ぐ必要がない」と冷静な判断
  • 駆け込み消費は日常の延長で「まとめ買い」が過半数、ただし衝動買いも一定数あり
  • 結局、駆け込み消費っておトク? 「そう思わない」が3割も

【調査概要】
期間:2019年10月17日 ~ 2019年10月18日
方法:インターネット調査
対象:「バンドルカード」ユーザー 1,376 サンプル。
※報道関係者さまへ:本データ引用・転載の際には「キャッシュレス決済の『(株)カンム』調べ」とご表記ください。
※グラフ画像は <  > からダウンロードできる。

■8割以上が駆け込み消費せず。
「無駄遣いしそう」「急ぐ必要がない」と冷静な判断■

回答者の大半(86%)は駆け込み消費をしていませんだった。理由の上位には「無駄遣いしそうだった(48%)」、次いで「急いで買う必要はなさそうだった(20%)」「軽減税率やキャッシュレス・ポイント還元の対象になるので、する必要はなさそうだった(12%)」が挙がっている。

自由回答では「増税後の割引やセールを予想していたから」「2%節約のために駆け込みする必要はない」などの声があった。多くの人は増税前後の動きを冷静に見きわめた結果、と同じ消費行動に留めたようである。

■駆け込み消費は7人に1人。
日常の延長で「まとめ買い」が過半数、ただし4割は衝動的な消費も■

駆け込み消費をした人は全体の14%、7人に1人である。その時期は増税1週間前に集中していました。

その内容は「まとめ買い」が過半数(59%)で、「ふだんなら買わないものを、増税前ならおトクだと思って」「いつ買おうか迷っていたものを、この機会に」という衝動的な駆け込み消費をした人も、合計4割と一定数いることがわかった。

品物は日用品・雑貨(18%)、食料品(29%)、酒類・たばこ(26%)と、日常的な買い物の延長線上にある消費が多かったようである。ただし食料品は原則として軽減税率の対象になるので、この点は勇み足があったかもしれない。

■結局、駆け込み消費っておトク?
「そう思わない」が3割、性急な消費に反省あり■

駆け込み消費をした人に振り返ってもらったところ、総合的にみて「おトクだったと思う」人が73%だった。理由は増税分の節約効果やセールである。

いっぽう「おトクだと思わなかった」27%では「急ぐ必要がなかった」「増税後のほうが安くついた」とする人が多くみられた。駆け込み消費を避けた人より、してしまってから後悔する人のほうが、買い物を焦るデメリットを強く感じているようである。自由回答では「のちのち考えてみると1ヶ月位の期間の節約にしかなっていないと思った」という声も。

今回の2%アップについては、それほど慌てずに日常と同じ消費行動を続ける人が多かったことがわかった。駆け込み消費した割合は前回の消費増税時から微減しており、また振り返って「おトクではない」と判断した人も一定数いたことから、次回の増税時にはさらに少数派になることが予想される。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る