【News】お金のデザインのTHEO[テオ]の預かり資産が500億円を突破

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
独自のアルゴリズムに基づき、一人ひとりに最適な資産運用サービスを低コストで提供するお金のデザインは、2019年10月31日(木)時点で、預かり資産が500億円、口座数10万件を突破した。また、機関投資家向けチャネル ARCA GLOBAL ASSET, お金のデザインのiDeCoサービス MYDCなどを合わせたお金のデザイン全体の預かり資産も約550億円となり、THEO以外の預かり資産も全体の約9%まで成長している。
THEOのこれまでのあゆみ
2016年2月   ロボアドバイザー「THEO」サービス開始
2017年1月   お金のデザインのiDeCo「MYDC」サービス開始
2017年4月   「THEO+」 が、山口銀行フィナンシャルグループの3行とサービス開始
現在、THEO+の提携先 は合計25まで拡大
2018年1月     THEOの機関投資家向け新チャネル 「ARCA GLOBAL ASSET」立ち上げ
2018年5月   「THEO+ docomo」サービス開始
2019年6月   マレーシアでロボアドバイザー「MYTHEO」の提供を開始お金のデザイン全体の預かり資産
THEO(含むTHEO+)の 500億円に、機関投資家向けチャネル ARCA GLOBAL ASSET、 お金のデザインのiDeCoサービス MYDC、THEO投信等の合計約50億円を加えた550億円がお金のデザイン全体での預かり資産になる。

ロボアドバイザー THEO[テオ]の主な特徴
1.一人ひとりに合わせたおまかせ資産運用
5つの質問からお客さまの運用目的を推定し、一人ひとりに合わせた資産運用方針を設定。目的に応じた資産運用をTHEOが自動で行う。

2.最大30種類以上のETFから構成されたポートフォリオ
THEOのポートフォリオは、最大30種類以上のETF(Exchange Traded Fund=上場投資信託)から構成されている。細かく分解すると投資先は世界86の国・地域、最終的な投資対象は11,000銘柄以上になり、徹底的な分散投資を行うことでリスク低減を図っている。

3.目的に合わせて組み合わせる、性質の異なる3つの機能ポートフォリオ
長期的に高いリターンを狙う「グロースポートフォリオ」、相対的に安定的かつ着実にリターンを狙う「インカムポートフォリオ」、株式との相関を避けてリスクの軽減を狙う「インフレヘッジポートフォリオ」の3つを、目的別に組み合わせ運用する。

4.CalPERSなど世界最大級の機関投資家も採用しているスマートベータ運用
市場全体のリスクをとることによるリターンに加え、その他の要因(スマートベータ)から生じるリスクを適切に組み合わせることにより、効率的にリターンの向上やリスクの低減を狙うのスマートベータ運用を採用している。

5.直近4年間は参考指数のインデックス運用を上回るパフォーマンス
THEOの直近4年間のシミレーション(条件等は以下参照)では25.1%で、MSCIグローバル株式インデックスなど※の参考指数22.3%を2.8%上回っている。
スマートベータ運用を採用することで、インデックスを上回る実績を今後も狙っていきます。
※期間 1年目:2016年2月1日~2017年1月31日/2年目:2017年2月1日~2018年1月31日/3年目:
2018年2月1日~2019年1月31日/4年目:2019年2月1日~2019年6月30日
※参考指数 LGP:MSCI ACWI Index、ICP:Bloomberg Barclays Global Aggregate Bond Index、
IHP:輸入物価指数
※2019年5月時点で、35歳、就業中、金融資産500万円のユーザーに設定されているモデルポート
フォリオ(グロース59%、インカム30%、インフレヘッジ11%)で月次のリバランスにおいて目標
ウエイトとの乖離がないことを前提に計算
※手数料控除後・円建て

今後も、より多くの人の資産運用をサポートしご満足いただけるよう、サービスの向上と提供に努めていく。

■THEOについて
THEO のコンセプトは、「プロとAIがいる、おまかせ資産運用。」 毎日を全力で生きるすべての人たちをサポートする、AI搭載ロボアドバイザーによる投資一任運用サービスである。年齢や現在の金融資産額などの情報から、ロボアドバイザーが、一人ひとりに合った、最大30種類以上のETFからなるポートフォリオを提案する。最低投資金額は1万円、申し込みはスマホだけで完了し、運用報酬も最大1.00%(税別・年率)と低コストではじめられる、新しい資産運用のカタチである。

■THEOの名前の由来について
画家ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの弟、テオドール・ヴァン・ゴッホから名付けられた。
生前、絵が一枚しか売れなかったゴッホを経済的に支え、励まし続けたのがテオだった。
「お金」を通じて、自分らしい生き方をサポートしたテオ。テクノロジーによって、わかりづらい金融の仕組みを解放し、お金を将来の不安から希望に変えることで、自分らしく挑戦していける人を応援したい。私たちも、テクノロジーを駆使することで 、すべての人にとっての「テオ」になれないか。そんな想いからTHEOと名付けられた。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る