【News】1万円からできる不動産投資クラウドファンディング「CREAL」が1周年

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
ブリッジ・シー・キャピタルは、運営するクラウドファンディングによる新型不動産投資サービス「CREAL(クリアル)」が、サービス開始から1周年となり、運用資産残高24億円を超え不動産投資クラウドファンディング運用資産残高No1(※1)を達成した。引き続き、今後も安定した配当をお返ししつつ、社会に貢献できるファンド組成を行っていく。
※1:2019年6月期 不動産特定共同事業許認可におけるクラウドファンディングサービス運用資産残高調査

 

 

上:ちくらつなぐホテル 下:さくらさくみらい駒込
CREALより

  • 1万円からできるクラウドファンディング型不動産投資「CREAL」とは

CREALは、1万円から投資できる不動産投資クラウドファンディングである。区分マンションへの投資のみならず、地方創生の一翼を担うホテルの開発、待機児童問題解消に向けて整備が急務となっている保育園への投資など、社会的意義のある大型案件に投資できることが特徴となっており、2019年11月6日現在、合計23ファンド、累計調達投資金額24億円を満額で組成している。

成立ファンド一覧:CREALより

  • そもそも不動産投資クラウドファンディングとは

 インターネットを通じて不特定多数の投資家から資金を集めるクラウドファンディングの一種である。不動産投資クラウドファンディングでは、集めた資金で不動産を購入し、一定期間運用(賃貸等)した後、売却する。投資家は、営業者である当社と匿名組合契約を結ぶことによって、運用期間中の運用益から、投資金額に応じて毎月配当を受け取る。投資した元本は、不動産を売却した際に、投資家に返還されます。CREALでは、上記のやり取りを全てインターネット上のプラットフォームでできるようになっている。従来の不動産の時間的なわずらわしさを解決した新しい形の不動産投資である。

  • シンガポールメディア最大手Singapore Press Holdings Ltdとヘルスケア関連不動産ファンドも設立、CREALとのシナジーも期待

当社は、2019年10月に、シンガポールメディア最大手のSingapore Press Holdings Ltdと共同で、老人ホームや病院といった日本のヘルスケア関連不動産に対し投資を行うファンドを設立・運営することに合意した。今後、SPHとの共同ファンドとCREALの連携によるシナジーも期待しており、例えば当社が開発するヘルスケア施設の売却先として本ファンドを活用する等、当社が今まで積極的に行ってきたESG不動産投資※2の一環として、ヘルスケア関連不動産の取得検討をより積極的に検討していく。
※2 ESG不動産投資:人口減少や少子高齢化等の喫緊の諸課題の解決に寄与する、環境・社会・企業統治に配慮した不動産投資

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る