【News】鮮度保持技術でフードビジネスを刷新する「ルセット・ナイン」が株式投資型クラウドファンディングを開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
様々な食のバックヤードで、高い鮮度保持効果を発揮する高電位電圧発生装置「TT-Box©」シリーズを展開するルセット・ナインは株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2019年11月 24日(日)より募集による投資申込みの受付を開始する。

 

当社プロジェクトとクラウドファンディング実施目的について

「食材ロス」と「業務効率」の課題を”鮮度保持技術”で解決する「TT-Box©」
ルセット・ナインは、レストランや食品製造加工の現場、農水産業の生産地など、様々な食のバックヤードに向けて、高い鮮度保持効果を発揮する高電位電圧発生装置「TT-Box©」という製品シリーズを展開している。、「TT-Box©」の食品分野へのさらなる普及、加えて新しい製品開発、分野開発を行うファブレスメーカー(工場を持たない経営スタイル)として新たな成長を志向し、2019年11月 19日より株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOにおいて、募集案内の事前開示を開始する。弊社は今回の資金調達により資本力の充実を図り、事業の成長に繋げます。募集期間は2019年11月 24日~2019年11月 26日、上限とする募集額は 50,000,000円(1口 10万、1人 5口まで)である。

TT-Box©を利用した食品の保存例

「TT-Box©」の技術は、生産から、製造・加工、物流、飲食や販売の現場まで、幅広いお客様に対し、幅広い解決策を導き出します。
ルセット・ナインは、「TT-Box©」の高電位電圧発生装置技術を他の分野・商品への転用を研究し、ファブレスメーカーとして新製品開発と製造を実現させることを目指している。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る