【News】LINE Scoreのスコア登録ユーザーがサービス開始約5ヶ月で300万人を突破

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
LINE Creditが提供するスコアリングサービス「LINE Score」において、2019年6月27日のサービス開始から約5ヶ月目の11月19日にスコア登録ユーザーが300万人を突破いたしました。また、「LINE Score」のユーザーを対象としたアンケートを実施し、約90,000人の人々に回答を得たので、調査結果を公開する。

 

「LINE Score」は、「日常をちょっと豊かにする」をコンセプトとしたスコアリングサービスである。AIを活用したLINE独自のスコアリングモデルを活用しており、国内月間利用者8,200万人を超える「LINE」のユーザーであれば、コミュニケーションアプリ「LINE」上の「LINEウォレット」から、誰でも利用可能。ユーザーごとのスコアの値によって、最適なキャンペーンや特典などのベネフィットを提供しており、2019年8月より提供を開始した個人向けローンサービス「LINE Pocket Money」にも「LINE Score」を活用している。

サービス開始以来、スコアリングサービスへの興味・関心の高まりや、「LINE Score」が提供する特典やキャンペーンが好評を得たことから、、スコア登録ユーザーが300万人を突破した。

「LINE Score」のユーザーを対象にしたアンケートを実施したので、以下にて調査結果を公開する。

■調査サマリ
・スコアリングサービスを初めて利用するユーザーは89%
・「LINE Score」が、普段使ったことがないサービスを知るきっかけになったと回答
・「特典次第で外部サービスにおいて、LINE Scoreを活用したい」と回答、外部サービスへのスコアの活用は前向き
・スコアを活用したい外部のサービスは、飲食がトップに

実施期間:2019年11月15日 ~ 11月18日
対象:「LINE Score」を利用したことのあるユーザー、N=89547(有効回答)

■スコアリングサービスを初めて利用するユーザーが89%、キャンペーンへの参加が「LINE Score」の利用理由に
「LINE Score」を利用したユーザーを対象にアンケートを実施した結果、スコアリングサービスを初めて利用するユーザーが89%という結果となった。また、「LINE Score」を利用した理由は、「キャンペーンへの参加」が35%、「様々な優遇を受けられそう」、「自分のスコアに興味があった」が同じく22%という結果となった。

■「LINE Score」が、普段使ったことがないサービスを知るきっかけに
同アンケートにて、「LINE Score」を利用して感じたことについては、「普段使ったことがないサービスを知るきっかけになった」と37%のユーザーが回答、「今後の広がりがありそう」が29%、「スコアの信ぴょう性を信用できない」と「スコアによって比べられるのはイヤ」が13%という結果となった。「LINE Score」では、スコアリングサービスという特徴を活かし、ユーザー一人一人に合わせたベネフィットを提供している。この結果をうけ、今後もユーザーのベネフィットになるようなサービスを提供していく。

■71%のユーザーが、「サービス次第」で外部サービスへのスコアの活用に前向き
※現在、外部企業へのスコアの提供は行なっておりません。
「LINE Score」以外の外部のサービスでもスコアを活用したいか聞いたところ、「サービス次第で活用したい」が71%と特典や体験の内容でスコアを活用したい人が最も多く、「活用したい」が17%で、合わせると89%のユーザーがスコアの外部サービスでの活用を前向きに捉えていることがわかった。

■活用したい特典は飲食、宿泊が上位に
今後、スコアを活用したい外部サービスを聞いたところ、外食が30%、宿泊が27%、教育が11%という結果となった。レストランやホテルの優先予約、オンライン講座の受講などの特典に関心が高いと言える。現在、「LINE Score」では、外部の企業へユーザーのスコアを提供しておりませんが、このようなユーザーの声をもとに、ユーザーの同意を得た上で、様々なサービスでのスコアの活用を模索していく。

「LINE Score」では、ユーザーの皆様の「日常をちょっと豊かにする」スコアリングサービスとして、安心・安全な事業運営を行い、サービスを持続的に成長させていく。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る