【News】SBI証券の投資信託の月間の積立設定金額が主要ネット証券最大級となる150億円を突破

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
SBI証券は、投資信託の月間の積立設定金額が、2019年11月26日(火)時点で、主要ネット証券最大級※1となる150億円を突破した。なお、積立設定を利用している口座数は35万口座超となった。

SBI証券は、投資信託の積立サービスを「貯蓄から資産形成へ」の時代を拓く強力なツールであると位置付けており、2006年よりサービス提供を開始している。以来、最低設定金額の100円への引き下げ、保有残高に応じておトクなポイントが貯まる「投信マイレージサービス」の導入、積立日設定の毎日・毎週・隔月など全5コースへの拡充、投信積立専用アプリ「かんたん積立 アプリ」の提供、投信積立における買付手数料無料化の実現など、お客さまの長期の資産形成を支援するべく、さまざまな取組みを行ってきた。現在、当社の取扱う投資信託は、公募投資信託2,687本、うち販売手数料無料のノーロード投信1,372本と、ともに国内最多水準※2を誇り、投資初心者の人から投資経験豊富な方まで、幅広く利用してもらうに至っている。

当社は、今後も「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」を提供するべく、魅力ある商品・サービスの拡充を行い、個人投資家の資産形成を支援していく。

※1 比較対象範囲は、主要ネット証券5社との比較となる。「主要ネット証券」とは、口座開設数上位5社のSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(五十音順)を指す。(2019年11月27日現在、SBI証券調べ)
※2 2019年11月27日現在、SBI証券調べ

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る