【News】SBI証券が2019年12月16日(月)から各種手数料を無料化

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
SBI証券は、2019年12月16日(月)から、①すべての投資信託の販売手数料、②ETF・REIT等の信用取引の取引手数料、③夜間PTS取引の手数料を無料化する。

 

当社が取り扱う投資信託は2019年12月4日(水)時点で2,700本あり、うち半数以上となる1,381本がノーロード(販売手数料無料)だが、このたびブルベア型ファンドを含むすべての投資信託の販売手数料を無料といたします。信用取引については、ETF・REIT・ETN・インフラファンドの取引に係る取引手数料を全額キャッシュバックし、実質無料といたします。さらに、夜間PTSにおいても、銘柄によらずすべての取引について手数料を全額キャッシュバックいたします。
このたびの各種手数料の無料化により、コストを抑えた取引が可能となり、これまで以上に多くのユーザーに資産運用の選択肢の一つとして、当社のサービスを活用してもらえるものと期待している。

当社は今後も、「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」を実現するべく、魅力的な投資商品・サービスを拡充し、個人投資家の資産形成を支援していく。

■手数料無料化の概要(2019年12月16日(月)~)

※今回の手数料無料化はインターネットコースのみが対象となる。信用取引では取引手数料とは別に金利や貸株料等の必要諸経費が掛かる。詳細については、後日当社WEBサイトにて案内するので確認すること。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る